現在位置ホーム > くらしの情報 > 手続きと相談 > 生活に困ったとき > 生活保護その他 > 仙台市ホームレス自立支援等実施計画(平成26年度~30年度)

更新日:2017年8月29日

ここから本文です。

仙台市ホームレス自立支援等実施計画(平成26年度~30年度)

本市では、ホームレスの人々が自らの意思で安定した生活を営むことができるよう支援することを基本として「仙台市ホームレス自立支援等実施計画」を策定しています。市民、地域、行政の協働により、地域全体の理解と協力を得ながら、ホームレスの人々の自立の支援等の取り組みを推進するため、平成26年度から30年度を計画期間とするあらたな計画を策定しました。

1.計画策定の趣旨

本市では、ホームレス問題の解決に向け、保健・福祉、住宅、労働など幅広い分野にわたる施策の総合的、かつ、計画的な推進を図るため「仙台市ホームレス自立支援等実施計画(平成21年度~25年度)」を策定し、ホームレスの人々の自立支援を行ってきました。

この間、市内のホームレス数は年々減少してきましたが、経済・雇用情勢の悪化を受け、今後あらたにホームレスとなる人々の増加が懸念されています。このようななか、本市のホームレスの人々の実情に応じて、より効果的に自立を支援していくため計画の見直しを行い「仙台市ホームレス自立支援等実施計画(平成26年度~30年度)」をまとめました。

なお、本計画は、国の「ホームレスの自立の支援等に関する基本方針」に則して策定しています。

2.計画期間

平成26年度から30年度までの5ヵ年

3.計画の内容

1 計画策定の趣旨及び計画期間

  • (1) 計画策定の趣旨
  • (2) 計画期間

2 本市のホームレスの現状

  • (1) 全国調査(概数調査)からみえてくる本市のホームレス数の推移
  • (2) 生活実態調査からみる本市の特徴
  • (3) 独自アンケート調査からみる震災とホームレスとの関連

3 前計画期間における取り組みと今後の課題

  • (1) ホームレス自立支援等に関する取り組みと評価
  • (2) 今後の課題

4 基本目標

  • (1) 計画の基本目標
  • (2) 施策推進の基本的視点

5 施策推進のための柱

6 施策体系

  • (1) 総合的な相談・支援体制の充実
  • (2) 自立に向けた支援事業の推進
  • (3) 就業機会及び住居の確保の促進

7 計画の推進

  • (1) 市民協働による取り組みの推進
  • (2) 計画の進行管理

4.計画策定の経過

ホームレス自立支援施設や巡回相談員、民間団体、行政機関などによる「ホームレス自立支援連絡会議」や、庁内関係部局で構成する「仙台市ホームレス対策推進会議」において検討し、計画を策定しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局保護自立支援課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎5階

電話番号:022-214-8160

ファクス:022-214-8194