現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 税金 > 法人市民税 > No.3 本店登記のみの場合の取扱い

更新日:2018年3月2日

ここから本文です。

No.3 本店登記のみの場合の取扱い

質問

登記上の本店(自宅で事業所機能はありません)は他都市にありますが、実際の事務所(実質本店)を仙台市内だけに設けることになりました。この場合、どちらに届出や申告が必要ですか?

回答

仙台市に法人等異動届出書と確定申告が必要です。法人市民税は応益性に基づいての課税となるため、実際にある事務所等を管轄する地方自治体へ届出と申告をする必要があります。また、登記上の本店のある他都市にも、登記上の本店であり、主たる事務所が仙台市内のみである届出が必要です。
なお、仙台市内のA区に登記上の本店があり、B区に実際の事務所がある場合、均等割の申告内容としては、A区ではなくB区の分を申告することになります。

お問い合わせ

財政局市民税企画課

仙台市青葉区二日町1-1市役所北庁舎4階

電話番号:022-214-1102

ファクス:022-214-1119