更新日:2021年8月30日

ここから本文です。

新型コロナウイルス変異株について

現在、デルタ株への置き換わりが進む中で、全国的に新規感染者数が急速に増加しており、これまでに経験したことのない局面を迎えております。そこで、教育委員会では『仙台市感染制御地域支援チーム』の専門家の方々に、「新たな変異株の子供への影響」という視点で衛生管理と予防方法についてご助言をいただきました。

市立学校(園)の児童生徒の保護者の方へ通知を出しましたのでぜひご一読ください。

保護者あて通知(PDF:221KB)

以下に、ご助言いただいた内容をまとめました。

変異株の特性などについて(感染力、重症化の危険性、ワクチンの有効性など) 

  • デルタ株については、国立感染症研究所が、これまでの変異株と比べて感染しやすいとしており、これまで以上に対策をしっかりと行っていく必要があります。
  • これまで感染の少なかった10歳代や小児にも感染が広がってきています。
  • 感染力については、理化学研究所などいくつかの研究で、アルファ株での感染に比べると、デルタ株では、会話の時間は半分以下に、さらに人との距離は約2倍あけないと感染のリスクがあるとしています。
  • 重症化のリスクについては、これまでは重症化しにくいと考えられていた30代~50代での報告が増えています。また、小児でも重症化した事例が報告されており、年齢を問わず感染しないようにすることが大切です。
  • ワクチンについては、2回の接種が完了し2週間が経過したころから効果が期待できます。一部、ブレイクスルー感染と呼ばれるワクチンを接種完了している人での感染が報告されていますが、この場合でも、ワクチン未接種で感染した人と比較すると、明らかに、重症化する率は低くなっています。

学校における感染症対策について

  • 新型コロナウイルス感染症に対する予防策は、マスクの着用、換気の徹底、3密を避ける行動、に加え、手洗い・手の消毒、環境の消毒です。これは、従来株であってもデルタ株であっても変わりません。
  • ただし、デルタ株が主流になるにつれ、感染者数が急速に増加していることから、周囲に感染者がいることを前提に、これまで以上の対策の徹底が必要となります。
  • 3密は、密閉、密集、密着ですが、これらすべてが感染のリスクになりますので、一つ一つを確実に避ける行動をとる必要があります。
  • デルタ株の感染した人が排出するウイルス量は従来株の約1,000倍と報告されています。マスクは、きちんと顔にフィットさせてつけることが極めて重要です。種類は不織布マスクが最も効果が期待できます。
  • 食事中、マスクを外す場面では、近づいて食べないこと、おしゃべりしながら食べないこと、おしゃべりは食べ終わってからマスクをつけて行うことを、しっかりと守ってください。食事の前後の手洗いを必ず行います。
  • 教室、ご自宅、学習塾など、滞在する場所では十分な換気が必要です。エアコンをつけていても換気ができていない場合がありますので、部屋の対角線2方向の窓をできるだけ大きく常時開けるなど、空気の流れを作る工夫をしてください。

家庭内で気を付けていただきたいことについて

  • 日本小児科学会の調査によると、子どもへの感染は、約8割が家族からとなっています。保護者を含む家族全員がしっかりと感染予防を行い、家庭内に感染を持ち込まないことが大変重要です。
  • ウイルスの感染力が強くなったことで、感染者が同居人に一人でもいると、家族内での感染の広がりを防ぐこと難しくなってきています。
  • ワクチンを接種することにより発症予防、重症化の予防が期待できます。子どもを感染から守るためには、周囲の成人が免疫を獲得することが重要ですので、早期に接種されることをお勧めします。
  • 感染者数が多い期間は、家庭内においても換気を徹底し、マスクの着用も心がけましょう。
  • 発熱、体がだるい、咳が出る、ぼんやりしている、などいつもと様子が異なる場合は、外出・登校を控えてください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

教育局健康教育課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎11階

電話番号:022-214-8881

ファクス:022-268-2935