現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 医薬品・医療機器等の適正使用に関すること > ダイエット食品(無承認無許可医薬品)によると疑われる健康被害の発生について

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

ダイエット食品(無承認無許可医薬品)によると疑われる健康被害の発生について

インターネット等を利用して痩身目的で個人輸入したダイエット食品によると疑われる健康被害が報告されております。

特に中国製ダイエット用健康食品や「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製のやせ薬については、これまで、死亡事例を含む重篤な健康被害が報告されております。

宮城県内においても、平成18年に「ヤンヒーダイエット」と称される製品をインターネットを通じて個人輸入し、これを服用したことによると考えられる健康被害が発生しています。また、平成17年には市内在住の20歳代女性にも、個人輸入したダイエット食品によると疑われる健康被害が発生しております。

下記関連サイトに掲載されている製品をはじめ、国内で承認を受けていないこのような製品については、当該品が偽造製品であったり、有害な物質が含まれていたりする可能性があります。

同様の健康被害が発生するおそれがありますので、インターネット等で個人輸入して使用することは、くれぐれも避けていただくようお願いします。

服用により体調異常が現れた場合には、直ちに服用を中止して医療機関を受診するとともに、最寄りの保健所等にご相談ください。

仙台市保健所健康安全課

電話:022-214-8052

仙台市保健所青葉支所 管理課

電話:022-225-7211

仙台市保健所宮城野支所 管理課

電話:022-291-2111

仙台市保健所若林支所 管理課

電話:022-282-1111

仙台市保健所太白支所 管理課

電話:022-247-1111

仙台市保健所泉支所 管理課

電話:022-372-3111

関連リンク

お問い合わせ

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8085

ファクス:022-211-1915