• ものづくり産業係022-214-8245
  • 都市型産業係022-214-8276

現在位置 企業進出ガイド > 進出企業等の声 > デロイトトーマツグループのバックオフィス業務の効率化を促進

ここから本文です。

We Know SENDAI

更新日:2017年4月17日

デロイトトーマツグループのバックオフィス業務の効率化を促進

デロイトトーマツサービシーズ株式会社ロゴ

デロイトトーマツサービシーズ株式会社

マネージャー 公認内部監査人(CIA)
森田 創氏

グループ内の財務経理業務、給与計算業務等を展開

デロイトトーマツサービシーズ株式会社社内風景デロイトトーマツグループは日本におけるデロイトトウシュトーマツリミテッドのメンバーファーム及び、そのグループ法人の総称です。日本においては最大級の規模を誇るビジネスプロフェッショナルグループの1つとなっており、有限責任監査法人トーマツ、デロイトトーマツコンサルティング合同会社、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイトトーマツ税理士法人の4社が核となっています。国内約40都市に公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど約9400人の専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。

弊社はデロイトトーマツグループ全体のバックオフィス業務を担っており、効率化はもちろん、コストダウン、各グループ会社のコア業務への集中を側面的に支援・推進する目的で、昨年仙台に新たなオフィスを設置しました。東京、名古屋にもオフィスを構えています。

4つの要素を比較検討し、仙台への進出を決定

デロイトトーマツサービシーズ株式会社マネージャー森田 創氏弊社はデロイトトーマツグループとしては初めてのシェアードサービス(会計、人事、総務その他の事務処理業務)を提供する会社となります。これまで各グループ会社が経理業務や人事給与計算などを個別に行っていましたが、それらの業務を集約するという構想のもと、弊社が開設されました。現在は経費伝票処理を主に手掛けています。全国約40拠点から弊社に送付されてくる領収書が添付された紙媒体の証憑を精査し、承認しています。その後PDF化し、各グループ会社とシェアし、紙媒体の削減と電子化にも貢献しています。処理の仕方が会社単位で違い、従来の形式のまま弊社で処理をしているため、作業が煩雑になっていますが、今後は作業効率を高めるために処理の一元化を推進していきます。また、IT関連業務や総務系業務などを、さらに仙台へ集約させる予定です。

仙台進出は6都市を4つの要素で比較検討し決定しました。1つ目の要素は「人の集めやすさ」です。人口がないと優秀な人材を集められません。仙台に関しては、求人自体はあるのですが、事務系の職種に限ると求職者の方が多く、人材を得やすいと考えました。2つ目は「オフィス賃料」です。東京都心部と比べ、3分の1程度という仙台の賃料は魅力でした。3つ目は「東京からのアクセス」です。有事の際にすぐに行けるだけでなく、伝票郵送も仙台は1日で着きます。4つ目は「自治体のサポート制度」です。仙台市は他の自治体と比べ、企業誘致に注力していますし、助成制度も充実しています。他の自治体も調査しましたが、一番充実していたのが仙台でした。採用したスタッフも仕事に対して誠実に取り組んでくれていますし、仙台の中心部にもかかわらず手頃な賃料と、最高のオフィスになったと自負しています。

2020年へ向けて300人体制の実現を図る

現在は経理業務と給与業務の一部を担っていますが、給与系の業務を広げていくほか、東京で行っているバックオフィス業務全般の仙台への集約を進めていきたいと考えています。業務拡張に伴う人材の拡充も進め、2020年までに300人体制を実現し、グループ全体のバックオフィスを担う事務センターとしての機能性を高めていきたいと考えています。

東京まで約90分と時間的に近いだけでなく、優秀な人材が多い、オフィスの賃料が東京都中心部と比較して格段に安いなど、仙台にはいい条件が揃っています。ただ、同業他社も含め、少なくない企業が、徐々に仙台の好条件を認識しつつあります。仙台への進出を検討しているのであれば、早い方がアドバンテージを得られると思います。
(2017年3月取材)

PDF版ダウンロード(PDF:474KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局企業立地課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8276

ファクス:022-214-8321