• ものづくり産業係022-214-8245
  • 都市型産業係022-214-8276

現在位置 企業進出ガイド > 進出企業等の声 > 2030年までに30億人の人々の生活向上を目指す

ここから本文です。

We Know SENDAI

更新日:2019年12月10日

2030年までに30億人の人々の生活向上を目指す

 

フィリップスロゴ

 

株式会社フィリップス・ジャパン

代表取締役社長 

堤浩幸 氏

ヘルステックの領域で新たな価値創造にチャレンジ

オフィス弊社には128年の歴史があり、日本でも66年に及ぶ足跡を刻んでいます。当初はライティング(照明)を扱う企業としてスタートしましたが、事業のグローバル展開や多角化推進を経て、現在はヘルスケアとデジタル技術を融合したヘルステックに注力。2030年までに世界30億人の人々の生活を健やかにすることをビジョンにしています。このビジョンを実現するために世界中に多くのイノベーション拠点を有していますが、中でもアメリカのボストン郊外のほか、オランダ、インド、上海の4ヵ所の代表的なイノベーション拠点と連携し2018年、東北大学病院臨床研究推進センター(CRIETO)にCCS(Co-CreationSatellite)を開設。CCSは、病院の中(現場の近く)におき、医療従事者との接点を増やすことで課題・ニーズ探索をする場として設立しました。また2019年5月には日本初となるイノベーション拠点CCC(Co-CreationCenter)を課題・ニーズを事業化する場として仙台に新設したのです。日本には色々なテクノロジーがありますし、IT分野でも様々な企業が活躍しています。超高齢化といった社会課題に直面していると同時に世界に誇れる生活習慣も保有しています。弊社だけでなく、様々な企業や研究者の方々と課題解決に取組むことで多岐にわたるシナジー効果も生まれています。日本の皆さん、世界の皆さんの生活を豊かにできるような新たな価値を創造し、情報を発信していきたいと考えています。

東北大学の全学部と連携。現場でのプラスアルファ効果も

堤代表取締役社長CCCの新設に際し、仙台を選んだのは「都市型課題と地方型課題のある郊外エリアが混在し、多様なヘルスケア課題に対して向き合えること」「(震災を経て)課題に対し前向きに社会の変革をリードできる地域であること」「フィリップスとして既に行動変容を起点とした新規事業開発を進めている地域であり、かつ有望人材、Co-CreationSatellite等の活動拠点を有する地域であること」「東北大や行政から協力的なサポートを得られること」などが挙げられます。
CCSを置いた東北大学とは医学部だけでなく、全学部と連携して一緒に研究を進めています。また、CCCには様々な企業から多くの方々が訪れ、新しいアイデアを生むきっかけの場所として機能を始めています。デスクワークやインターネットからは得られない生の声を医療現場で聴けることでプラスアルファの効果も得られています。東北大学の先生方をはじめ、テクノロジーやスキル、様々なナレッジを持った方々が多いほか、仙台市をはじめとする行政サイドからもフルサポートを得られていますので、開設して良かったと心から喜びを感じています。現在、約70名の在籍スタッフのほとんどは東北でのローカル採用です。'20年度も約50人の新卒採用を予定していますし、採用枠は拡大していきたいと考えています。弊社では同業他社も含め喜んで共創していきたい、という姿勢でCCCの運営に当たっています。仙台の地から世界へ新しいイノベーションを発信するためにも、様々な企業がコラボレーションできる環境の整備を行政サイドにはお願いしたいと考えています。

「ヘルステックは仙台」と言われる環境を創り出していきたい

今後はヘルステックを担う企業として治療はもちろん、検査、在宅診療も「フィリップスだから安心」と言ってもらえる環境を作ることを目指しています。また、CCSやCCCを通じ、賛同してくれる企業や研究者の方々と一緒に、「仙台に住んで良かった」「仙台はヘルスケアで進んでいるね」といわれるようにしたいと考えています。医療機器とセンシング技術などの融合、在宅の見守りサービスとしての展開など、デバイスメーカーとの協業も考えています。色々なシナジーを生み出すことで安心・安全な生活を送れるようになりますし、「HealhTech(ヘルステック)推進事業」をスタートさせた仙台市と連携しながら様々なサービスを展開したいと考えています。世界のスタンダードになるようなヘルステックのモデルを構築し、「ヘルステックは仙台」と言われる環境の創出を目指しながら、「仙台は世界で一番安心・安全な都市」といわれるようなソリューションを実現させていきたいですね。
(2019年7月18日取材)


PDF版ダウンロード(PDF:1,215KB)

企業DATA

株式会社フィリップス・ジャパン

本社の所在地:東京都港区港南2-13-37フィリップスビル

仙台の所在地:CCS 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1東北大学病院臨床研究推進センターオープンラボ5S-6

       CCC 宮城県仙台市青葉国分町3-6-1仙台パークビル3F

拠点開設年:CCS2018年、CCC2019年

仙台拠点の主な業務内容:CCS ヘルスケア製品・サービス・ソリューションの研究開発

            CCC 医療・健康・予防領域の新しいソリューションやサービスモデルの研究会開発

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局企業立地課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8245

ファクス:022-214-8321