現在位置 ホーム > 泉区トップページ > 食品・生活衛生 > 飲料水(貯水槽水道・井戸水)の衛生対策

泉区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

飲料水(貯水槽水道・井戸水)の衛生対策

貯水槽水道の衛生管理

水道水をいったん受水槽へためてから各戸へ給水する『貯水槽水道』の設置者は、異物混入やさびの発生等により水が汚染しないよう衛生的な管理を行いましょう。

  • 定期的な受水槽の点検や水質の確認(色・濁り・臭い・味)
  • 受水槽の定期清掃(年1回)
  • 登録(指定)検査機関による定期検査の受検(年1回)

※受水槽の有効容量5立方メートルを超える場合は法令に基づき衛生管理を実施しなければなりません。有効容量5立方メートル以下の受水槽についても同様に管理しましょう。

水質に異常が見られる場合や、事故が発生した場合は速やかに保健所にご連絡ください。

水質検査のイラスト

井戸水は生活用水として利用しましょう

井戸水は生活用水(せんたく水・散水など)として利用し、できるかぎり飲用はさけましょう。

やむをえず飲用する場合は、以下のような適切な衛生管理を行いましょう。

  • 沸かして利用する
  • 塩素滅菌装置を設置する
  • 定期的に井戸周辺の点検を行う
  • 年1回以上、水質検査を受けて安全性を確認する

関連リンク

詳しくは、くらしのガイドでご覧いただけます。

くらしのガイド―飲料水

お問い合わせ

泉区役所衛生課

仙台市泉区泉中央2-1-1 泉区役所東庁舎4階

電話番号:022-372-3111

(内線6724~6726)

ファクス:022-372-3522