現在位置 ホーム > 泉区トップページ > 食品・生活衛生 > シックハウス症候群

泉区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

シックハウス症候群

シックハウス症候群の原因と対策

「家の中にいると、どうも体調がすぐれない」ということはありませんか。

もしかしたら、シックハウス症候群かもしれません。

症状

シックハウス症候群とは、建物内に居住することに由来する『さまざまな健康障害の総称』とされています。

主な症状として、目がチカチカする、頭痛、吐き気、疲れやすい、せき、くしゃみ、ぜんそく発作などがあります。
室内環境から離れると、症状が軽くなったり消えたりします。

症状には個人差があり、同じ室内環境で症状がでる人もいれば、まったく影響のない人もいます。

原因

現代の住宅は高気密化・高断熱化され、自然換気ができにくい構造になっています。住宅のイラスト

シックハウス症候群はそのような室内環境下で、以下の様々な原因によって起こります。

  • 建材や家具に使用されている接着剤や塗料
  • ストーブやタバコの煙から発生する一酸化炭素などの化学物質
  • カビ、ダニなど

予防法

  • 定期的に窓を開けて、新しい空気を取り入れましょう。
  • 湿度をほどよく保ちましょう。
  • 建材、家具などはメーカーに確認して化学物質の少ないものを選びましょう。

室内環境に関する相談

衛生課では、結露などによるカビ、ダニなどの発生、シックハウス症候群など室内環境に関する相談を受け付けています。

また相談内容により、室内のホルムアルデヒドなどの簡易測定を無料で行っています。

詳しくはお問い合わせください。

関連リンク

シックハウス症候群について詳しくは、くらしのガイドでご覧いただけます。

くらしのガイド―住まいの衛生

お問い合わせ

泉区役所衛生課

仙台市泉区泉中央2-1-1 泉区役所東庁舎4階

電話番号:022-372-3111

(内線6724~6726)

ファクス:022-372-3522