現在位置 ホーム > 泉区トップページ > 泉区の紹介 > お知らせなど > 「動く区長室」を開催しましたー平成28年度第1回真美沢公園を美しくする会

泉区

更新日:2017年10月16日

ここから本文です。

「動く区長室」を開催しましたー平成28年度第1回真美沢公園を美しくする会

区長が地域に出向き、さまざまな活動をしている区民の皆さんと交流し、懇談する「動く区長室」。
今回は「真美沢公園を美しくする会」の皆さんと懇談しました。

  • 開催日時:平成29年1月25日(水曜)14時30分~
  • 開催会場:黒松市民センター

真美沢公園を美しくする会のプロフィール

  • 真美沢公園の自然環境の整備を図り、地域コミュニケーションの場として活用、併せて地域の活性化を図ることを目的に、平成25年5月に発足しました。
  • モットーは3つの「や」。やれる時に、やれる人が、やれることを。
    長年の経験に基づいており、活動にあたりモットーを大切にしています。
  • 桜まつりをはじめ、笙のコンサートや野点、仙台フィルによる木管五重奏、自然観察会などさまざまなイベントを開催し、訪れた人々を魅了しています。

懇談

 

活動にかける思い

  • 真美沢公園は中学生が通学路として使っているが、足元が悪く、暗く人目が届きにくいため危ない。また、地域の人々から公園として認識されていない。公園内は樹木の枝が伸びて暗く、歩道が雑草に覆われいる状況で、地域の大切な公園を何とかしたいという思いで、地域の有志を中心に「真美沢公園を美しくする会」を設立しました。
  • モットーの3つの「や」は、継続するうえで、重要なことだと考えています。参加を強制すれば不平不満が出て、辞める人も出てくるという長年の経験に基づくものです。
  • この会には、絶対こうしなければならないということはありません。イメージでこうしたいということはありますが、新しい人が入ってきて良いアイディアがあれば、それはいい!となります。
  • 「以前の公園は、人が入れる状況ではなかった、こんなにきれいになったのですね」などの地域の人のちょっとした声が励みになります。
  • 例えば、草刈の時に出るアイディア、地下鉄から見える法面に花を植えたい。そんなポツポツと出ることを拾い上げ、モノにしていきたいのです。
  • 中学生のボランティア「美助っ人(びすけっと)」の存在は大きいです。小学生や中学生が興味を持ってくれたことで、到達点に達している部分もあります。
  • 時間がかかっても内部から湧き上がってくるものがいいと考えています。ホームページについても、表面を整えるために外部にお願いするというのは違うと感じています。
  • 長いスパンで活動をする。あとは地域の人が共感してくれ、1年に1人でも会員が増えればいいと思っています。
  • 活動するうえで、黒松市民センターの繋ぐ役割は大きいです。

会長 会計                 

事務局長 会員

会員 参与

参与 区長

最後に

皆さんのお話しを伺った守区長は「継続するということを大切にされていることが良くわかりました。そのバックボーンとして、3つの「や」があるということ、それは長年の教訓が生かされていることに感心しました。また、これからの市民協働による地域づくりの参考になりました。」と述べ、今後の活動にエールを送りました。

真美沢公園を美しくする会の皆さん、貴重なお話しをありがとうございました。

昨年植樹した河津桜の開花が楽しみです。

kinensatuei

  ▲懇談に参加された皆さん

お問い合わせ

泉区役所区民生活課

仙台市泉区泉中央2-1-1 泉区役所本庁舎3階

電話番号:022-372-3111

ファクス:022-773-8823