現在位置 ホーム > 健康・福祉 > 「第35回少年の主張泉区大会」を開催しました

泉区

更新日:2021年10月11日

ここから本文です。

「第35回少年の主張泉区大会」を開催しました

中学生が日頃の思いや将来の夢などを発表する「少年の主張泉区大会」。
令和2年度は開催中止となりましたが、第35回目となる今回大会は、令和3年9月3日に寺岡中学校で参加者を限定して感染症対策を講じながら開催しました。

心に響いた中学生たちの熱い思い

区内16校の代表である中学生が、家族や友達、地域の方々との触れ合いなど、自身の体験を通して感じた気持ちや将来への展望などを堂々と発表しました。

少年の主張泉35_1 少年の主張34_2 少年の主張34_3

最優秀賞を受賞したのは、根白石中学校3年生の庄司菜々花さん。
「私にできること」と題して、「相手の立場に立って考えることや行動すること」とはどのようなことなのかという問題を提起し、自分が周囲の人たちの良さを感じ、接することができるようになるまでの過程を表現しました。認知症を患う曾祖母。その言動につい冷たい態度をとってしまい自己嫌悪に陥ってしまう自分。いつも明るく曾祖母に寄り添い介護をする母や祖母の姿に心を揺すぶられ、自問自答します。意識や考えが変わり、それによって行動も変わっていき成長していった姿を、自分の言葉で丁寧に伝え、聴衆の心に感動を与えました。

受賞結果

受賞者の演題、中学校名、学年、氏名

最優秀賞

「私にできること」

仙台市立根白石中学校 3年 庄司 菜々花(しょうじ ななか)さん

優秀賞

「世界を救う第一歩」

仙台市立七北田中学校 3年 笹川 真菜(ささがわ まな)さん

優秀賞

「祖母の介護を通じて」
仙台市立南中山中学校 3年 門間 七虹(もんま ななこ)さん

※「最優秀賞」及び「優秀賞」は審査員による選考の結果です。最優秀賞受賞者は、宮城県大会への出場者として推薦します。また、宮城県大会における最優秀賞受賞者は、全国大会への出場候補者として推薦されます。

少年の主張泉35集合写真_1 少年の主張泉35集合写真_2 少年の主張泉35集合写真_3 少年の主張泉35集合写真_4 少年の主張泉35集合写真_5

 

お問い合わせ

泉区役所家庭健康課

仙台市泉区泉中央2-1-1 泉区役所東庁舎4階

電話番号:022-372-3111

ファクス:022-371-2558