更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

自転車の交通安全の推進について

自転車は、環境にやさしく便利でわたしたちに最も身近な乗り物です。
しかし、交通ルールを守り安全な利用に心がけていないと、思わぬ事故につながってしまいます。
自転車を利用するときは、自動車や歩行者の迷惑とならないよう注意しましょう。

自転車安全利用五則

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、自転車は車道寄りを原則徐行
  4. 安全ルールを守る
    飲酒運転・二人乗り・横に並んでの走行・傘さし運転の禁止
    夜間はライトを点灯
    交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
  5. 子どもはヘルメットを着用

損害賠償補償への備え

自分のために、人のために、損害賠償保険に加入しましょう
自転車でも交通事故の責任を問われたり、相手方から高額な損害賠償を請求されることがあります(損害賠償金9,521万円 神戸地方裁判所 平成25年判決)。
万が一に備えて自転車の損害賠償保険に加入しましょう。

自転車購入者に対する啓発

仙台市では自転車販売店の皆さまとともに、自転車の安全利用をよびかけています。(下記ファイルを参照)

中学生や高校生に対する啓発

中学生・高校生の自転車事故の割合が高いことから、中学生や高校生を対象とした啓発を実施しています。

  1. 新高校1年生への自転車ルールブックの配布
  2. 中学生、高校生に対して、プロのスタントマンが生徒の間近で交通事故を再現し、事故の恐怖や衝撃を自分のこととして感じるスケアードストレイト方式による自転車安全利用教室の開催

詳しくは下記までお問い合わせ願います。

↓新高校1年生に配布しているルールブック

新高校1年生に配布しているルールブック

警視庁ホームページ

事故の再現や教育用のリーフレットをご覧いただき、自転車の安全利用について再度確認してみてください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局自転車交通安全課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎9階

電話番号:022-214-1075

ファクス:022-214-1091