現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > 交通 > 自転車・バイク・駐輪場 > 取り組み > 杜の都の自転車プラン後期実施計画(平成29年度~平成32年度)

更新日:2017年3月31日

ここから本文です。

杜の都の自転車プラン後期実施計画(平成29年度~平成32年度)

本市では、平成25年7月に「杜の都の自転車プラン~仙台自転車利用環境総合計画~」を策定し、「みんなにやさしい自転車利用環境づくり」を目標に、4つの基本方針を掲げて自転車利用環境向上に取り組んできました。

このたび、平成28年度までの取り組み状況や最近の道路交通法改正など、社会情勢の変化を踏まえ、平成29年度から32年度までの4年間に取り組む内容を示した後期実施計画を取りまとめました。

今後、市民や関係事業者の皆さまと連携し、さらなる自転車利用環境の向上を図ってまいります。

「杜の都の自転車プラン後期実施計画」の概要

構成

 第1章 総論

 第2章 前期実施計画の取り組みの検証

 第3章 後期実施計画の取り組み

  基本方針1 協働による安全に自転車を利用する意識づくり

   ●段階的かつ体系的な自転車安全教育の推進

   ●協働による効果的な交通安全活動の推進

   ●自転車安全利用に関する普及啓発活動の推進

  基本方針2 安全・安心な道路空間の形成

   ●自転車ネットワーク路線の整備

   ●あんしん通行路線の整備

   ●その他路線の整備

  基本方針3 路上放置の削減と利便性の高い駐輪空間の創出

   ●地下鉄駅周辺への公共駐輪場の整備

   ●路上の一部を活用した駐輪施設の検討

   ●公共駐輪場への分かりやすい案内表示の設置

   ●公共駐輪場の施設改善の検討

   ●附置義務駐輪場の一般開放の働きかけ

   ●放置自転車撤去の効率化

   ●放置禁止区域等の拡大

  基本方針4 自転車の楽しさを感じられる環境づくり

   ●コミュニティサイクルの利用促進

   ●楽しく学べる啓発イベントの開催

   ●東部地域と秋保地域における観光資源等を回遊できる自転車走行環境の創出

 第4章 後期実施計画の推進

主な取り組み

 ●町内会など地域の関係者と自転車利用実態における違反状況などの課題を共有し、市民協働による効果的な

  自転車ルール・マナーの啓発を実施する

 ●スケアード・ストレイト方式の自転車交通安全教室を拡充する

 ●加害者になった場合に備えた、個人賠償責任保険等への加入促進の周知に努める

 ●国のガイドラインを参考にした路面表示を設置するなど、自転車走行空間を整備する

 ●自転車の車道左側通行を促すピクトグラムを設置する  など

計画の本編

杜の都の自転車プラン後期実施計画(PDF:10,031KB)

「杜の都の自転車プラン後期実施計画中間案」に対するご意見と本市の考え方(PDF:635KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局自転車交通安全課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎9階

電話番号:022-214-1075

ファクス:022-214-1091