現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 12月 > 南蒲生浄化センター1号汚泥焼却炉内の火災について

更新日:2017年12月12日

ここから本文です。

南蒲生浄化センター1号汚泥焼却炉内の火災について

 南蒲生浄化センター1号汚泥焼却炉において火災が発生しましたのでご報告します。

1 発生日時

 12月9日(土曜日)火災確認時間 午後7時50分頃

 

2 発生場所

 仙台市南蒲生浄化センター1号汚泥焼却炉施設

 (宮城野区蒲生字八郎兵エ谷地第二)

 

3 火災の状況

(1)施設

 1号汚泥焼却炉(処理能力 200t/日)施設内 過給機※1

  • 当該過給機は、焼却炉省電力化の共同研究のため平成29年1月に設置
  • 共同研究者 株式会社クボタ、メタウォーター株式会社、日本下水道事業団

 ※1 過給機・・・予熱(500℃)した空気を焼却炉内へ送る機械

(2)被害の状況

 過給機出口(タービン側)配管が溶接部分から破損したことにより、空気予熱器で熱せられた空気(約500℃)が漏えいし、過給機の付近で発火したもよう。運転委託業者において消火作業を実施。人的被害はなし。

 

4 原因

現時点では原因は判明していません。焼却炉の温度が低下してから詳細な現場検証を行い原因を究明するとともに、再発防止策を検討します。

 

5 運転停止による影響

 下水汚泥※2の処理については、他の焼却炉を使用するほか、埋め立て処分を行います。下水を処理する水処理施設は通常どおり運転を行っていることから、市民生活への影響はありません。

 ※2 下水汚泥・・・下水を浄化する過程で発生する沈殿物など

 

6 消防署からの命令書及び警告書の内容

 本件火災の発生に伴い宮城野消防署より12月11日付けで下記のとおり命令書および警告書の交付を受けています。

(1)命令書の内容

 汚泥焼却炉から過給機に至るダクト内で何らかの原因により火災が発生したことから、危険要因が排除され安全が確認されるまでの期間、1号汚泥焼却炉を使用しないこと

(2)警告書の内容

 1.本件火災のあった施設(過給機室)の設置について消防法に基づく危険物一般取扱所の変更の許可を受けていないことから、当該許可を受けること

 2.火災が発生した場合は、直ちに消防署に通報すること

お問い合わせ

建設局南蒲生浄化センター

仙台市宮城野区蒲生字八郎兵ヱ谷地第二

電話番号:022-258-1095

ファクス:022-258-6889