現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 住宅・建築 > 滑動崩落対策事業で設置した擁壁 > 土地利用計画に支障があるため、造成宅地滑動崩落緊急対策事業で設置した擁壁を除却してもよいですか?

更新日:2017年4月20日

ここから本文です。

土地利用計画に支障があるため、造成宅地滑動崩落緊急対策事業で設置した擁壁を除却してもよいですか?

質問

土地利用計画に支障があるため、造成宅地滑動崩落緊急対策事業で設置した擁壁を除却してもよいですか?

回答

事業で設置した擁壁(造成宅地滑動崩落防止施設に該当するものを除く。)は土地所有者へ引渡しをしていますので、土地所有者に相談願います。なお、擁壁の除却に当たり周辺の造成宅地滑動崩落防止施設の保全に支障を及ぼすおそれがある場合は、仙台市造成宅地滑動崩落防止施設の保全に関する条例の届出が必要です。

お問い合わせ

都市整備局開発調整課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4 階

電話番号:022-214-8450

ファクス:022-211-1918