更新日:2017年1月17日

ここから本文です。

1 土地利用調整条例について

土地利用調整条例とは、郊外部において開発事業を実施しようとする方(事業者)に、土地利用方針との整合性を確保した計画を作成して頂くとともに、土地利用調整条例の手続の実施を通して開発事業計画を公表し、市民意見や市長意見に配意した計画を検討して頂くことにより、郊外部における適正な土地利用を誘導していこうとするものです。

郊外部において開発事業を実施しようとする方は・・・

郊外部

土地利用調整条例の手続の実施

平成17年7月1日以降、郊外部で開発事業を実施しようとする方(事業者)は、開発事業の実施に際して必要となる許認可等の申請などの前に、杜の都の風土を守る土地利用調整条例の手続の実施が必要になります。

  • 郊外部とは
    本市の市域から市街化区域を除いた区域のことで、市街化調整区域と都市計画区域外の区域が該当します。
  • 開発事業とは
    一定規模以上の開発行為や建築行為などが該当します。
  • 開発事業の実施に際して必要となる許認可等とは
    開発事業の実施に際して必要となる法律や条例に基づく許可、認可、届出等のことで、例えば、開発許可、建築確認などが該当します。

開発事業計画と土地利用方針との整合性の確保

事業者は、開発事業の構想・計画の立案に際し、土地利用方針との整合性を確保する必要があります。

  • 土地利用方針とは
    郊外部における開発事業のあり方をあらかじめまとめたものです。集約型都市づくりを推進し、郊外部における現在の自然環境や生活環境をできるだけ損なわないことを基本としています。

市民の皆さんは・・・

市民の皆さんは、開発事業計画の閲覧、説明会への参加、開発事業計画に関する意見書の提出などができます。

郊外部の集落等にお住まいの皆さんは、より細かな土地利用の誘導に向け、当該集落等の区域内において適用する土地利用方針の策定を市に求めることができます。

開発事業の検討の流れと土地利用調整条例の手続の流れ

手続のフロー図流れその1開発事業の構想の立案流れその2開発事業の計画の立案流れその3開発事業計画の公表と意見の聴取流れその4計画内容の再検討流れその5協定の締結流れその6工事着手

関連ページ

お問い合わせ

都市整備局開発調整課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4 階

電話番号:022-214-8343

ファクス:022-211-1918