現在位置
トップページ>
市長室へようこそ>
市長記者会見(平成23年度)>
「おいでよ!仙台・宮城、東北へ」キャンペーン/東北を代表する夏祭りが仙台に集結 (発表内容)

「おいでよ!仙台・宮城、東北へ」キャンペーン/東北を代表する夏祭りが仙台に集結 (発表内容)

平成23年5月24日

来る7月16日土曜日、17日日曜日の両日、東北を代表する夏祭りが仙台の街に集結し、競演するイベントが開催される運びとなりましたので、お知らせをさせていただきます。

震災からの復興を目指す上で、さまざまな風評被害や過剰な自粛ムードを乗り越えて、交流人口の回復と地域経済の再生を図っていくことは、仙台はもとより東北全体にとって大きな課題でございます。

この間、東北の県庁所在地の市長の皆さんとご相談してまいりましたけれども、元気を取り戻しつつある東北の姿を全国に発信し、夏の観光シーズンに向けて東北一丸となって弾みをつけていこうということで意見がまとまりまして、このたびのイベント開催が決まったものでございます。

大変勇壮な青森のねぶた。妙技に目を奪われる秋田の竿燈。迫力ある盛岡さんさ踊り。大変あでやかな山形花笠おどり。また「日本一のおおわらじ」で有名な福島のわらじまつり。そしてわが仙台の七夕まつり。東北を代表しますこうした夏祭りが、仙台の街に集結し、華やかに競演を繰り広げる予定でございます。

イベントを通じまして、東北の夏祭りの魅力を全国にアピールしますとともに、東北復興に向けた祈りと希望を表現し、東北が一体となって復興へ取り組む契機にしてまいりたいと考えています。

夏が短いがゆえに、東北の夏祭りは怒涛のエネルギーを発散しながら、北から南へと一気に駆け抜けていきます。ぜひ、全国からたくさんのお客様においでいただき、復興に向けて走り出した東北を応援してくださるようお願い申し上げます。

仙台市長 奥山 恵美子

このページのトップへ戻る