現在位置
トップページ>
市長室へようこそ>
市長記者会見(平成24年度)>
第22回仙台国際ハーフマラソン大会「杜の都ハーフ」を開催します(発表資料)

第22回仙台国際ハーフマラソン大会「杜の都ハーフ」を開催します(発表資料)

平成24年4月17日

(担当)市民局スポーツ振興課
(電話)022‐214‐8888

平成24年5月13日に開催する仙台国際ハーフマラソン大会の概要について、お知らせいたします。

1 今大会のコンセプト

(1)国内最高峰のハーフマラソン大会に
(2)幅広い参加者によるスポーツ振興
(3)都市の賑わい、地域経済等に寄与
(4)震災から復興する仙台の姿を発信

2 名称

第22回仙台国際ハーフマラソン大会
兼 第20回世界ハーフマラソン選手権代表選考競技会※

※平成24年10月6日にブルガリアのカバルナで開催される第20回世界ハーフマラソン選手権の日本代表選考競技会に位置付けられています。

3 主催

仙台市・(公財)仙台市スポーツ振興事業団、宮城陸上競技協会、仙台市陸上競技協会、みやぎ障害者陸上競技協会、河北新報社、東北放送

4 種目

ハーフマラソン21.0975km (日本陸上競技連盟公認、国際陸上競技連盟公認)、5km、2km

5 開催日

5月13日(日曜)

6 スタート時間

(1)5kmの部 8時50分
(2)2kmの部 8時55分
(3)ハーフマラソン(車いすの部) 9時03分
(4)ハーフマラソン(登録の部)、(一般の部) 10時05分

7 参加人数

(1)ハーフマラソン(登録の部)/1,112人
(2)ハーフマラソン(一般の部)/9,836人
  ハーフマラソン登録の部、一般の部合計で/10,948人
(3)ハーフマラソン(車いすの部)/57人
(4)5kmの部/1,984人
(5)2kmの部/327人

    (4月17日集計)

8 主な招待選手(敬称略)

(1)男子(国内特別招待選手)

・藤原新(ふじわら・あらた)(東京陸上競技協会)
・川内優輝(かわうち・ゆうき)(埼玉県庁)

(2)女子(国内特別招待選手)

・野口みずき(のぐち・みずき)(シスメックス)

(3)国際姉妹・友好/協定締結都市招待選手

・リバサイド市、レンヌ市、ミンスク市、アカプルコ市、長春市、ダラス市、光州広域市、台南市の8都市より16人(男女各1人)

(4)車いす(車いす招待選手)

・副島正純(そえじま・まさずみ)(シーズアスリート)

9 その他

(1)関連イベント

  • 「笑顔咲くたび 伊達まつり」in杜の都ハーフ

仙台すずめ踊り・秋保の田植え踊り・火伏せの虎舞(ひぶせのとらまい)・鶯沢八ツ鹿踊り(うぐいすざわやつしかおどり)などの郷土芸能の披露、特産品の販売など

日時:5月13日(日曜)10時00分~15時00分 場所:勾当台公園市民広場

  •  2012杜の都ハーフEXPO

オフィシャルスポンサーがブースを出展し、スポーツグッズなどを販売。また、ゲストランナーの高橋尚子さんによるトークショーやマラソンクリニックなどのステージイベントを開催。

日時:5月11日(金曜)、12日(土曜)10時00分~20時00分 場所:勾当台公園市民広場

  • 商店街との連携

中心部商店街等の利用促進のため、ハーフマラソンへの参加者に参加賞として500円の金券を配布。また、全ての参加者に飲食店等の割引クーポン冊子も配布。

  • 沿道イベント(大会当日の沿道における賑わいづくりと選手への応援)

・伊達武将隊の演武(8時50分~9時10分 (株)ユアテック本社北側広場)
・定禅寺ストリートジャズフェスミニライブ(10時00分~11時30分 せんだいメディアテーク)
・陸上自衛隊東北方面音楽隊の演奏(スタート10時05分~ フィニッシュ11時00分~)
・仙台すずめ踊りいちばん踊りin杜の都ハーフ(10時20分~11時20分 定禅寺通緑地帯)
・みちのくYOSAKOIの演舞(10時40分~11時40分 (株)ユアテック本社北側広場)

(2)ゲストランナー

高橋尚子(たかはし・なおこ)さん

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてください。

このページのトップへ戻る