現在位置
トップページ>
市長室へようこそ>
市長記者会見(平成25年度)>
「仙台市宅地造成履歴等情報マップ」を作成しました(発表資料)

「仙台市宅地造成履歴等情報マップ」を作成しました(発表資料)

平成25年4月30日

(担当)都市整備局開発調整課
(電話)022-214-8343

このたび、仙台市内の宅地造成地の切土と盛土の分布状況と造成履歴等をまとめた「仙台市宅地造成履歴等情報マップ」を作成しました。

この情報マップは、仙台市が所有する資料を基に、造成地における切土・盛土および団地の造成開始年代などをわかりやすくまとめたもので、4種類のマップをまとめて作成し、公開するのは全国で初めてとなります。

  市民の皆様には、このマップで宅地の造成履歴を把握していただき、宅地や建物の安全を考える際の参考資料としてご利用いただきたいと考えております。

1.マップの種類

(1)切土・盛土図 

 旧地形図と現在の地形図を重ね合わせて,それぞれの標高値を比較し,切土の高さと盛土の深さを段階的に示したものです。

(2)造成年代図  

 団地の造成が開始された年代と盛土の部分を示したものです。

(3)土砂災害危険箇所図

 土砂三法(※)における危険箇所と盛土の部分を示したものです。
  ※砂防法、地すべり等防止法、急傾斜地法

(4)旧地形図

 昔の地形を示したものです。
(旧都市計画図[昭和33~43年]と一部は米軍の空中写真[昭和22~23年]を組み合わせています。)

2.閲覧開始日

  平成25年5月1日

3.閲覧場所

  •  仙台市役所本庁舎 開発調整課窓口
  •  各区役所 街並み形成課窓口
  •  各総合支所 総務課窓口

  閲覧できるマップは、(1)(2)はA1判、(3)(4)はA3判で、地図の縮尺は1/10,000です。
  5月17日からは仙台市ホームページでもご覧いただけます。
  また、マップの販売も予定しています。

 

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてください。

このページのトップへ戻る