更新日:2018年3月12日

ここから本文です。

受入環境整備

青葉山周辺観光サイン整備

青葉山周辺サイン整備(平成26年度)

 第3回国連防災世界会議に向けて、来仙の皆さまに仙台城跡の観光をより楽しんでいただけるように、青葉山周辺の観光サインを新たに整備しました。
英語、中国語など多言語に対応しているほか、フリーWi-Fiが整備された伊達政宗公騎馬像周辺の観光サインには、スマートフォンなどの携帯端末でQRコードを読み取ると、15カ国語に対応した翻訳文が表示されるQRトランスレーターを導入しています。また、国際センターから仙台城本丸跡に至る徒歩での周遊コースに目的地の方向と距離を示した矢羽サインを設置し、歩きやすさの向上を図りました。

<整備内容>
観光サイン56基、矢羽サイン48基QRトランスレーター6カ所)
<サインの特徴>
(1)伊達政宗公の陣羽織をイメージした茄子紺カラーのデザイン
(2)親しみやすい手書き風イラストマップを採用
(3)主要な観光サインについては、4カ国語(日本語,英語,中国語(簡体字),韓国語)で仙台城の遺構等を紹介

 

西部地区観光サイン整備

 観光客の受入環境の向上を図り、西部地区を訪れる皆さまに観光をより楽しんでいただけるよう、観光施設等に多言語サインを整備しました。

秋保地区(平成28年度)

 G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議に向けて、秋保地区を訪れる皆さまに観光をより楽しんでいただけるよう、観光施設等に多言語サインを整備しました。
西部地区の統一的なブランディングデザインを導入。2016G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議推進協力委員会で整備する多言語サインと一貫性を持たせて整備。

<整備内容>
観光サイン6基、誘導サイン1基(QRトランスレーター2か所)

作並地区(平成28年度)

<整備内容>
観光サイン1基、記名サイン1基、誘導サイン2基 (QRコード2か所)

秋保・作並・泉地区(平成29年度)

<整備内容>
観光サイン2基、記名サイン1基、誘導サイン3基(QRコード2か所)

中国語(簡体字・繁体字)、韓国語版(PDF:412KB)

 

中国語(簡体字・繁体字)、韓国語版(PDF:303KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

文化観光局観光課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8259

ファクス:022-214-8316