更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

「藻類バイオマスプロジェクト 第3回市民フォーラム」を開催します

筑波大学・東北大学・仙台市が連携して研究開発を進める藻類バイオマスプロジェクト。「下水を活用して培養した藻類からオイルを抽出する」仙台発の新たな循環型モデル構築を目指すこのプロジェクトの現状と今後の展望について報告します。従来の10倍以上のオイル生産効率を持つ藻「オーランチオキトリウム」を発見した渡邉信教授(筑波大学)をはじめ。本プロジェクトに関わる第一線の研究者が最新の研究成果を分かりやすく解説。多数の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

概要

1.名称

第3回市民フォーラム「下水からオイルを創り出す!仙台発・新たな循環型モデル構築への道のり」

2.日時

平成27年8月1日(土曜日)10時30分から12時45分(開場10時)

3.会場

仙台市情報・産業プラザセミナールーム(2)(住所:仙台市青葉区中央1-3-1AER6階)

※会場(AER)の場所については「市民フォーラムチラシ」を参照ください。

4.定員

140名(参加無料。参加申込は、ファクスまたはE-mailにてお申込みください。ファクスでの申込みの場合は、「市民フォーラムチラシ」を参照ください。E-mailでの申込みの場合はこちらのメールアドレスをクリックしていただき、お名前、ご連絡先(電話番号またはE-mailアドレス)、Q&Aコーナーで聞きたい質問をご記入いただき送信ください。なお、当日の座席に余裕がある場合は、当日参加も可能です。)

5.主な内容

  • (1)基調講演「藻類バイオマス~社会に大きなイノベーションを起こす小さな生命~」
    筑波大学生命環境系渡邉信教授
  • (2)講演「下水を用いたボトリオコッカスとオーランチオキトリウムの培養のための技術開発」
    筑波大学生命環境系鈴木石根教授
  • (3)講演「藻類培養のための下水処理および藻類からのオイル生産プロセスに関する技術開発」
    東北大学大学院工学研究科青木秀之教授
  • (4)講演「藻類バイオマス利用技術の統合化とその評価のしくみ」
    東北大学大学院工学研究科福島康裕准教授
  • (5)Q&Aコーナー

6.主催

東北復興次世代エネルギー研究開発コンソーシアム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市推進室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8098

ファクス:022-214-8497