更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

「仙台防災未来フォーラム2016」開催結果概要

仙台市では、国連防災世界会議1周年記念イベントとして、平成28年3月12日に「仙台防災未来フォーラム2016-国連防災世界会議から1年仙台・東北から防災・減災の未来に貢献する-」を開催しました。

1 日時

平成28年3月12日(土曜)10時~18時

2 会場

仙台国際センター会議棟(一部仙台市博物館1階ホール)

3 主催・共催・後援

  • (1)主催 仙台市
  • (2)共催 国連国際防災戦略事務局(UNISDR)駐日事務所
  • (3)後援 内閣府、復興庁、外務省、岩手県、宮城県、福島県、国際復興支援プラットフォーム(IRP)

4 行事の構成

  • (1)シンポジウム・セミナー
    オープニング(記念講演)、テーマセッション(計11行事)、クロージング
  • (2)ミニプレゼンテーション:9団体
  • (3)ブース展示:52団体等

5 入場者数

  • (1)実入場者数(全体受付でのプログラム配布数)
    計 約1,100名
  • (2)延べ入場者数(オープニング、テーマセッション、クロージング、ミニプレゼンテーション参加者の累計)
    計 約2,500名

6 開催結果概要

オープニングでロバート・グラッサー国連事務総長特別代表(防災担当)兼国連国際防災戦略事務局(UNISDR)ヘッドが仙台防災枠組推進におけるローカルアクションへの期待についての講演を行ったほか、仙台・東北で復興や防災・減災に取り組んできた市民、行政、研究機関関係者等がテーマセッション、ミニプレゼンテーション、ブース展示などで活動事例の発表などを行い、それぞれの今後の活動についての方向性や課題について話し合うことを通じて、仙台・東北から未来に貢献する防災推進のために、何ができるのかについて考え、発信しました。

7フォーラム会場の様子

オープニング(齊藤馨内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当)による来賓挨拶)

オープニング(ロバート・グラッサー国連事務総長特別代表による講演)

オープニング(齊藤馨内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当)による来賓挨拶)【左】
オープニング(ロバート・グラッサー国連事務総長特別代表(防災担当)による講演)【右】

テーマセッションC(東日本大震災の復興の方向性と内外への復興発信)

テーマセッションG(復興に向けて学び、活動した学生からの報告)

テーマセッションC(東日本大震災の復興の方向性と内外への復興発信)【左】
テーマセッションG(復興に向けて学び、活動した学生からの報告)【右】

クロージングの様子クロージングの様子

ミニプレゼンテーションの様子ミニプレゼンテーションの様子

 

ブース展示の様子ブース展示の様子

災害対応型電気自動車の展示災害対応型電気自動車の展示

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市・震災復興室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8098

ファクス:022-214-8497