現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > ペット・野生鳥獣 > 野生鳥獣 > コウモリが家に棲みついてしまった。

更新日:2020年10月6日

ここから本文です。

コウモリが家に棲みついてしまった。

質問

コウモリが家に棲みついてしまった。

回答

 コウモリは、蚊やハエなどの害虫をエサとしているため、益獣としても考えられていますが、フンなどにより家屋を汚損するなどの生活被害を発生させることがあります。屋根裏等から出入りしている、家の周りにフンがたくさん落ちている場合などは、コウモリが家に棲み付いていると考えられます。コウモリは夜行性のため、夜になると巣から外に出て行くことから、この間に出入口をふさいでしまうなどの対策が考えられます。
 駆除業者へ捕獲を依頼することもできますが、法律により許可なく捕獲することは禁止されています。詳しくは、宮城県仙台地方振興事務所森林管理班(電話番号:022-275-9253)にお問い合わせください。
 なお、コウモリに対する防除対策や捕獲について業者へ依頼する場合は、あらかじめ複数の業者へ相談し、費用や内容等をよく確認してから依頼するようにしてください。業者を選ぶ際は、公益社団法人日本ペストコントロール協会の地区協会である「一般社団法人宮城県ペストコントロール協会 ホームページ」等を参考にしてください。

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0013

ファクス:022-214-0580