現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > ペット・野生鳥獣 > 野生鳥獣 > 野生動物から感染する病気があると聞いたが、どのような点に注意すればよいですか。

更新日:2020年10月7日

ここから本文です。

野生動物から感染する病気があると聞いたが、どのような点に注意すればよいですか。

質問

野生動物から感染する病気があると聞いたが、どのような点に注意すればよいですか。

回答

 ペットや家畜と同じく、野生動物の中にも人と動物に共通する感染症の病原体を持っているものがいます。通常の生活の中では、野生動物から人への感染は起こりませんが、以下の点に注意しましょう。
・野生動物には触らないようにしましょう(もし触ってしまったら、必ず手を洗いましょう)。
・糞の中では病原体が増殖したり、糞尿が乾燥して中の病原体が空気中に漂うことがあります。糞尿の処理をするときは、直接触れたり病原体を吸い込んだりしないように、手袋やマスク等を着用しましょう。また、処理後は手洗い、うがい、消毒をしましょう。

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0013

ファクス:022-214-0580