更新日:2020年2月4日

ここから本文です。

「作並・新川エコツアー」を開催しました

 本市では、市民の皆さまが身近な生きものへの関心・理解を深め、生物多様性の保全を図ることを目的とし、仙台にゆかりのある生きものが奏でる音をテーマにした啓発事業「生物多様性保全推進事業-せんだい生きもの交響曲-」を実施しています。

 本事業の取り組みの1つとして、若い世代が自然と親しむ機会を創出するため、仙台駅から電車で40分にもかかわらず豊かな自然が残る里地里山、作並・新川地区で、地域住民との交流を深めながら、初秋の自然や地域の文化に触れてもらう「作並・新川エコツアー」を令和元年10月6日に開催しました。

 高校生や大学生を中心とした若者18名が参加し、地域文化の一つである「作並こけし」に関連してこけし作りを体験し、また、多様な生きものが生息する里山散策や登山を楽しみました。

 参加者からは「キノコ、花、生きものなど、普段見れないものがたくさん見れて刺激的でした!」「作並に初めて来ましたが、とても空気がきれいで、人もやさしくて、いい所だなと感じました」などの声が聞かれました。また、地域住民にとっても、地元の資源や魅力を再発見するきっかけとなりました。

こけし作り体験

こけし作り体験の様子

里山散策の様子

里山散策の様子

登山の様子

登山の様子

 

開催レポート

詳しい様子はこちらをご覧ください。(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0013

ファクス:022-214-0580