現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > ペット・野生鳥獣・生物多様性 > 生物多様性 > 生物多様性保全推進事業ーせんだい生きもの交響曲ー > 「TALK Sounds of Diversity-生きものと音楽を創る-」を開催しました(平成30年10月)

更新日:2019年10月8日

ここから本文です。

「TALK Sounds of Diversity-生きものと音楽を創る-」を開催しました(平成30年10月)

 生きものの音を組み合わせて音楽を創っているアーティストによる、トーク&ライブイベント「TALK Sounds of Diversity(サウンズオブダイバーシティ)-生きものと音楽を創る-」を平成30年10月13日に若林区卸町にある「イベント倉庫ハトの家」にて開催しました。

 本イベントは環境局の啓発事業「生物多様性保全推進事業-せんだい生きもの交響曲-」※1とせんだいメディアテークの「せんだい・アート・ノード・プロジェクト」※2が共同で主催し、GalleryTURNAROUNDが企画運営を行った、生物多様性とアートの分野を組み合わせた新たな試みです。

 イベントには80名の参加があり、「出演者それぞれの表現、話が面白かった。生きものに対する愛も感じられた」「生きものの声も含め、普段何気なく聞き流している音に意識を集中させ、様々な世界を思い描くことができた」などの声が聞かれ、大盛況のイベントとなりました。

 

イベントの様子

会場の様子

会場の様子

生きものにまつわるお話の様子

生きものにまつわるお話の様子

生きものの音を使った演奏の様子

生きものの音を使った演奏の様子

 

※1 生物多様性保全推進事業-せんだい生きもの交響曲-

カジカガエルやカッコウなど仙台にゆかりのある生きものが奏でる音に着目した啓発事業を通じ、市民の生きものへの関心や理解を深める環境局の取り組み。

※2 せんだい・アート・ノード・プロジェクト

「優れたアーティストのユニークな視点と仕事」と、地域の「人材、資源、課題」をつなぐ、せんだいメディアテークのプロジェクト。2016年度からスタート。

※3 GalleryTURNAROUND(ギャラリー ターンアラウンド)

2010年仙台市内に、現代美術の発表、交流を中心に社会との関わりや教育等を多くの人々に広めていくことを目的とした「ギャラリーターンアラウンド」を設立。

2016年より教育に重点を置いた私塾「仙台藝術舎/creek」を同会場に設立。

今年度、「つくる場所をつくる!DIY PROJECT」のプロジェクトリーダーとして「イベント倉庫ハトの家」のシェアスタジオ化を進めている。

イベントチラシ(PDF:1,052KB)

関連レポート

詳しい様子はこちらをご覧ください。(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0013

ファクス:022-214-0580