現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > ペット・野生鳥獣 > 生物多様性 > 今年度もヨシ原をめぐる生きもの達の夏物語を開催しました

更新日:2018年8月7日

ここから本文です。

今年度もヨシ原をめぐる生きもの達の夏物語を開催しました

 本市では、市民の皆さまが身近な生きものへの関心・理解を深め、生物多様性の保全を図ることを目的とし、仙台にゆかりのある生きものが奏でる音をテーマにした啓発事業「生物多様性保全推進事業-せんだい生きもの交響曲-」を実施しています。

 本事業の取り組みの1つとして、昨年度に引き続き「ヨシ原をめぐる生きもの達の夏物語」を開催しました。市の鳥であるカッコウなど、ヨシ原に生息する様々な生きもの達についてお話を聞きながら、野外観察を行いました。詳しくは下記の開催レポートをご覧ください。

なお、本イベントでは、冬の観察会や、ヨシ原を維持するための刈り取り作業も予定しています。

イベントに関するリーフレット(PDF:1,338KB)

開催レポート(PDF:3,990KB)

生物多様性保全推進事業特設ページ(外部サイトへリンク)

カッコウイベントの様子

    市の鳥 カッコウ        イベントの様子

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0013

ファクス:022-214-0580