更新日:2020年5月15日

ここから本文です。

令和元年度の四ツ谷用水再発見イベント1

令和元年度に実施した四ツ谷用水再発見イベントについてご紹介します。

四ツ谷用水親子バスツアー

四ツ谷用水について小中学生を含め幅広い世代に知ってもらうことを目的に、夏休み期間中に親子バスツアーを開催しました。

  • 日時:令和元年7月24日(水曜日)9時00分~12時15分
  • 集合:せんだい環境学習館たまきさんサロン(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
  • コース:四ツ谷堰~沈砂池~聖沢掛樋~宮城県工業用水道管理事務所~梅田川への放流口
  • 参加者:10組24名

たまきさんサロンで事前学習

たまきさんサロンに集合し、四ツ谷用水についてのアニメを鑑賞し、見学ポイントについて予習をしてからバスに乗って出発します。

郷六取水口

初めに広瀬川にある四ツ谷堰(郷六取水口)に行きます。今年は雨が続いているため、例年よりも広瀬川が増水していました。

宮城県職員の方から工業用水道について説明していただきました。

ごみを取る機械

取水した川の水から落ち葉や石等の大きなゴミを取り除く機械も設置されています。

沈砂池入口

次に沈砂池を見学します。取水した水は沈砂池で泥を沈殿させ、導水路に戻します。

沈砂池開口部

導水路は四ツ谷用水の開口部が見られる唯一の場所です。

聖沢掛樋

次に聖沢掛樋を見学します。現在はコンクリート製ですが、昔は木製で1辺1.5mのサイズでした。

梅田川への吐口 

工業用水道管理事務所

最後に宮城県工業用水道管理事務所へ行き、梅田川への放流口や事務所の屋上から浄水施設を見学しました。

 

四ツ谷用水を歩く会・八幡編1回目

歩く会1回目では大崎八幡宮の太鼓橋から支倉掘まで、四ツ谷用水の本流沿いを説明を聞きながら散策しました。

  • 日時:令和元年9月29日(日曜日)10時00分~12時00分
  • コース:大崎八幡宮太鼓橋~石切橋~春日神社~洗い場跡~林宅寺~支倉堀跡
  • 参加者:20名
  • 現地案内:「四ツ谷の水を街並みに!」市民の会の皆さん

開会

今回は「四ツ谷の水を街並みに!」市民の会の青い法被を着たお二人にガイドをしていただきます。

龍宝寺参道

龍宝寺参道を上ると、四ツ谷用水の本流が見えてきます。

四ツ谷用水の本流(暗渠)に沿って散策します。

四ツ谷標柱

四ツ谷用水本流跡の標柱が目印です。

春日神社

春日神社の前では、昔の八幡町の様子を描いた絵を見ながら説明を受けます。

へくり沢の立体交差

春日神社を抜けると、へくり沢と四ツ谷用水が立体交差する箇所に出ます。

看護研修センター

土樋通りの看護研修センターには、藩政期に四ツ谷用水を引き入れた御飼鳥屋敷がありました。

支倉堀

東北大学歯学部の敷地内には支倉掘跡が残され、自由に見学することができます。

参加者の感想

  • 一人で歩くのとは面白さが違う。勉強になった。
  • 地元出身で四ツ谷用水の暗渠は子どもの頃遊び場だった。歴史を詳しく聞けてよかった。
  • 普段歩いているところについて、歴史を知ることができた。

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0007

ファクス:022-214-0580