現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > まち美化、環境保全 > 水環境保全・創造事業 > 四ツ谷用水再発見事業 > 平成24年度 四ツ谷用水再発見イベントを開催しました

更新日:2017年3月17日

ここから本文です。

平成24年度 四ツ谷用水再発見イベントを開催しました

平成24年度は徒歩とバスで、四ツ谷用水ゆかりの場所を訪ねるイベントを開催しました。

親子で学ぶ四ツ谷用水バスツアー

午前中はバスで取水口の四ツ谷堰から梅田川との合流点まで、いくつかのポイントをたどりました。午後は、福沢市民センターにてワークショップ(解説、絵日記作成)を行いました。

  • 日時:平成24年8月23日(木曜日)9時から15時半
  • コース:仙台市役所前集合→旧四ツ谷用水本流沿線をバス移動(四ツ谷堰、沈砂池、聖沢掛樋、大崎八幡宮太鼓橋、県工業用水管理事務所)→福沢市民センターでワークショップ→仙台市役所前解散
  • 参加者:11名(講師・スタッフを除く)

四ツ谷堰の写真沈砂池に入るトンネルの写真聖沢掛樋の写真
左から:四ツ谷堰(青葉区郷六)、沈砂池への導水管(取水停止中)、聖沢の掛樋(青葉区八幡6丁目)

県工業用水管理事務所での水処理の説明の写真水のネットワークについて説明する写真絵日記を作成する様子の写真
左から:県工業用水管理事務所にて水処理の説明(宮城野区大梶)、福沢市民センターにて水のネットワークについて解説、絵日記作成

絵日記に描かれた感想(抜粋)

  • 広瀬川の水を引いているトンネルの奥をのぞいてみました。この水が昔の人にとって大切なものだと分かりました。
  • ゴミをとる機械(取水口の除塵機)を初めて見ました。水の流れが速かったです。
  • 水の橋(聖沢の掛樋)を初めて知りました。中はどうなっているのだろう?

なお、バスツアーの様子は、広瀬川ホームページのブログでも紹介されています。

四ツ谷用水遺構を歩いて辿る会

古い街並みや四ツ谷用水の遺構を見学しながら、四ツ谷用水本流跡に沿って歩きました。歩いた後は、茶室で一服し、四ツ谷用水カルタ大会で盛り上がりました。

  • 日時:平成24年11月24日(水曜日)10時から15時
  • コース:大崎八幡宮(太鼓橋下の水路跡)→石切橋→春日神社→洗い場跡→林宅寺→支倉堀跡→六幽庵
  • 参加者:22名(講師・スタッフを除く)

太鼓橋の上から見下ろす写真水路沿いに歩く写真洗い場跡の写真
左から:大崎八幡宮太鼓橋の上から水路跡を見下ろす、本流跡に沿って歩く(青葉区八幡4丁目)、洗い場跡の石積み(青葉区八幡2丁目)

支倉堀跡の写真四ツ谷用水カルタ大会の写真ワークショップの様子の写真
左から:支倉堀跡を覗く(青葉区星稜町)、六幽庵にて「四ツ谷用水カルタ」大会白熱!、一日の振り返り

歩いて辿る会のさらに詳しい様子は、環境ウェブサイト「たまきさん」のブログ(下記リンク)で紹介されています。

 

ブログへのリンク

こちらのブログで、バスツアーと歩いて辿る会についてレポートしていただいていますので、ぜひご覧下さい。

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0007

ファクス:022-214-0580