現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > くらし・ライフライン > 下水道・浄化槽 > 仙台市下水道ポータルページ > 下水道広報 > 【7月7日まで募集期間、延長!】夏休みこども企画「水とのふれあい塾―自由研究テーマを見つけよう!―」

更新日:2017年6月29日

ここから本文です。

【7月7日まで募集期間、延長!】夏休みこども企画「水とのふれあい塾―自由研究テーマを見つけよう!―」

仙台市下水道フェア実行委員会では、今年も下記のとおり、夏休みこども企画「水とのふれあい塾―自由研究テーマを見つけよう!―」を実施します。

このイベントでは、下水道にかかる講義・実験、施設見学や水辺の生き物の採取・観察を通じて、日常何気なく使っている水の貴重さ、大切さを改めて認識していただくとともに、「自由研究ノート」に気付いた点や学んだ点を記入することで、夏休みの自由研究に役立てていただくことができます。

なお、プログラム終了時には、参加されたお子様全員に「こども水博士認定証」を差し上げます。
ぜひご応募ください。

この度、参加者の募集期間を7月7日金曜日まで延長しましたので、ぜひご応募ください。

主催者

仙台市下水道フェア実行委員会(事務局:仙台市建設局経営企画課)

日時

平成29年7月21日(金曜日)8時45分~16時00分

集合場所

西公園C60広場(SL広場)隣り

解散場所

仙台市役所本庁舎 噴水前

移動方法

貸切バスで移動します。

プログラム概要

仙台市煉瓦下水道見学施設「杜の都れんが下水洞窟」の見学

西公園C60広場(SL広場)そばの地下に埋設されている、明治30年代に築造された煉瓦の下水道管に交代で入り、仙台市の下水道事業の歴史などを学びます。

「杜の都れんが下水洞窟」入口煉瓦下水道の内部(撮影:白汚 零 氏)

  「杜の都れんが下水洞窟」入口     煉瓦下水道の内部(撮影:白汚 零 氏)

広瀬川浄化センターでの下水道に関する講義・実験

毎日の生活で汚れた水が微生物の働きできれいになる仕組みやトイレに流すことができる紙について、講義と実験を通して学びます。

下水処理の流れなどに関する講義水の汚れ具合を調べる実験

  下水処理の流れなどに関する講義     水の汚れ具合を調べる実験

みちのく自然共生園(みちのく杜の湖畔公園 北地区)での野外活動

水辺の生き物の採取や観察を行い、水の循環や自然の豊かさについて考えます。

たんぼ(ぬるめ)での生き物の採取採取した生き物の観察

 たんぼ(ぬるめ)での生き物の採取       採取した生き物の観察

※ただし、雨天時は、広瀬川浄化センターでの講義・実験、施設見学のみとなります。

参加対象

仙台市内にお住まいの小学4~6年生と保護者20組(抽選)

参加料

保護者300円、小学生50円(みちのく杜の湖畔公園入園料、傷害保険代)

持ち物

お弁当、飲み物、雨具(傘やカッパ)、帽子、着替え(Tシャツ、半ズボン、下着、靴下)、タオル、水に濡れてもいいスニーカーまたはウォーターシューズ等(長靴、サンダルは、野外活動で脱げて怪我をする可能性があり危険です。)

申込方法

任意の様式に「水とのふれあい塾 参加」、郵便番号、住所、参加者全員の氏名(フリガナ)、お子様の学校名・学年、電話・ファクス番号を記入して、7月7日(必着)までに郵送またはファクスで下記までお申込みください。

〒980-8671 建設局経営企画課(住所記入不要)ファクス:022-268-4318

過去の夏休みこども企画

お問い合わせ

建設局経営企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎5階

電話番号:022-214-8812

ファクス:022-268-4318