更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

送りつけ商法にご注意ください!

突然業者から、「以前、注文を受けた健康食品を、明日、代金引き替え払いで届ける」という電話があり、「注文していません」と話しても「家族が注文している」などと言い、「とにかく商品を送る」の一点張りであった。商品が届いたらどう対応したら良いのだろうか。などという相談が多く寄せられています。

消費者の方へのアドバイス

  • 送りつけ商法とは、注文していない商品を、業者が勝手に送りつけ、その人が断らなければ買ったものとみなして、商品代金を一方的に請求するものです。最近は、カニなどの水産物のほかに、健康食品や書籍の相談が増えています。
  • 受け取りを拒否してください。代金の支払義務もありません。
  • 商品を受け取った場合は、商品の所有権は業者にあるため、自由に処分することはできませんが、「特定商取引に関する法律」では、送りつけられた商品について、14日間(商品の引き取りを業者に請求した場合は、7日間)を過ぎれば、業者は商品の返還を請求できないとされていますので、商品を処分して構いません。
  • 商品が送られてきて、家族がその場で支払ってしまったというケースもあります。注文したかどうか不明な場合は、受け取りを保留し、家族に確認しましょう。

消費生活相談ダイヤル

消費生活に関するご相談は、

022-268-7867

相談時間:午前9時~午後6時

お問い合わせ

市民局消費生活センター

仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル(三越定禅寺通り館)5階

電話番号:022-268-7040

ファクス:022-268-8309