更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

訪問販売での工事契約にご注意ください!

一人暮らしの高齢者や、日中高齢者のみになる世帯などから、突然訪問した業者に「強引に屋根工事の契約をさせられた」「下水マスの点検に来たと言われたが、下水マスの洗浄に加え、高額な下水マス交換の契約までしてしまった」などの相談が相次いで寄せられています。また、契約者本人からだけでなく、周囲の方や、家族が帰省したときに気がつき、相談が寄せられるケースもあります。

消費者の方へのアドバイス

  • 必要がなければきっぱりと断ってください。
  • その場ですぐに決めず、本当に必要な契約か、家族や友人、知人などに相談しましょう。
  • 離れて暮らしている親や身内、親戚などの暮らしの変化に気を配ってください。
  • 訪問販売で勧誘された場合、一定条件に該当すれば、クーリング・オフで契約をやめることができます。

消費生活相談ダイヤル

消費生活に関するご相談は、

022-268-7867

相談時間:午前9時~午後6時

お問い合わせ

市民局消費生活センター

仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル(三越定禅寺通り館)5階

電話番号:022-268-7040

ファクス:022-268-8309