現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 4月 > 「NPO法人消費者市民ネットとうほく」が東北初の適格消費者団体に認定されました

更新日:2017年4月26日

ここから本文です。

「NPO法人消費者市民ネットとうほく」が東北初の適格消費者団体に認定されました

「特定非営利活動法人消費者市民ネットとうほく」が、全国で15番目、東北では初となる適格消費者団体※として内閣総理大臣より認定されました。
適格消費者団体の事業者への是正申し入れや差止請求は、事業者の不当行為そのものの抑止・改善に繋がることから、消費者被害を未然に防いだり、被害の拡大防止が期待できます。また、法律の専門家と消費者問題に関する専門家の双方で構成された団体として、地域での消費者運動の担い手として活動することも期待されます。
今後消費生活センターでは同団体と緊密な連携を図り、より一層の消費生活の安全・安心を推進していきます。

※適格消費者団体
事業者の強引な勧誘、不当な契約、誤った内容の表示など、不当な行為により被害を受けた消費者に代わり、事業者に対する差止請求権を行使することができる団体。消費者契約法に基づき、差止請求権を行使するのに必要な適格性を有する消費者団体として、内閣総理大臣が認定。

1 適格消費者団体認定日

平成29年4月25日(火曜日)

2 認定団体

  1. 名称:特定非営利活動法人 消費者市民ネットとうほく
  2. 所在地:青葉区柏木1-2-40-702
  3. 代表者:理事長 吉岡和弘
  4. 会員:個人正会員103名、団体正会員9団体、個人賛助会員5名、団体賛助会員1団体
  5. 活動内容:
    〇各種消費者被害の調査・研究・情報収集。
    〇事業者の不当な約款や勧誘行為、表示等に対する是正申し入れ など。
  6. 市との連携等:
    〇市は団体設立当初から活動補助金を交付し、これにより団体の財政基盤の充実が図られました。
    〇団体は、平成27年度から月1回本市の「消費生活特別相談業務」を受託。認定の要件でもある消費生活相談の実務経験としてカウントされました。
    〇適格消費者団体や制度の周知啓発のため、今年3月に市と共催で消費生活講座を開催しました。
  7. 設立:平成25年10月19日(法人化:平成26年3月3日)

関連リンク

消費者庁(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

市民局消費生活センター

仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル(三越定禅寺通り館)5階

電話番号:022-268-7040

ファクス:022-268-8309