杜の都 仙台市のホームページへようこそ

現在位置
トップページ >
観光情報 >
秋保工芸の里 >
工房のご紹介

工房のご紹介

 

伝統こけし 玩愚庵こけし屋

伝統に融和する現代の個性と情熱。

仙台系の伝統こけし(胞吉こけし)を中心とした木地玩具。

「胞吉こけし」は黒と赤の2色だけの大胆な描彩で清純さと渋さが交じりあい、一部のこけし愛好家からは“幻のこけし”と呼ばれていましたが、祖父(清)、父(昭二)が復元したその型を継承しながら、現代の個性を取り入れた木地玩具も並行して製作。

作者の“常に新しいもの”に向かう姿勢と優しさが、作品ひとつひとつの心あたたまる表情に浮かび上がります。祖父、父、子の三代に受け継がれた伝統の先に息づく現代の豊かな個性を、ぜひ実際に手に取ってお確かめください。

匠 鈴木 明

昭和35年仙台市生まれ。
父を師に胞吉こけしの指導を受ける。 全日本こけしコンクールでは平成3年に「農林水産大臣賞」、 平成5年には「運輸大臣賞」を受賞。有望な若手工人として着実な歩みを続けている。

作品のご紹介(写真をクリックで拡大表示されます)

 

こけしの絵付け体験

赤と黒の大胆な二色使いが特長的な、仙台系の伝統こけしに会える工房。
絵付けだけでは満足できないという方には、ロウ仕上げと組立てまでを行う本格コースがおすすめです。

時間/約30分〜1時間 参加費/1,000円

※要予約(体験学習も受付ます)

 
 

伝統こけし 玩愚庵こけし屋

TEL:022-398-2673
FAX:022-398-2673
定休日:火曜日

このページのトップへ戻る

〒980-8671 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目7-1|代表電話 022-261-1111
市役所・区役所などの一般的な業務時間は8時30分〜17時00分です。(土日祝日および12月29日〜1月3日はお休みです)ただし、施設によって異なる場合があります。
市役所案内図組織と業務

QRコード

仙台市モバイル版ホームページ
http://www.city.sendai.jp/m/

仙台市では、平成15年11月1日からNTTドコモ、au、ソフトバンクの各社携帯電話に対応したホームページを公開しています。

※市政・ホームページに関するご意見・ご提案、お問い合わせ

Copyright©City of Sendai All Rights Reserved.