杜の都 仙台市のホームページへようこそ

現在位置
トップページ >
事業者向け情報 >
経済・産業 >
産学連携・新産業創出の取組み >
産学連携の推進 >
産学連携の取組み >
MEMS産業クラスター創成事業 >
仙台マイクロナノ国際フォーラム2011
仙台マイクロナノ国際フォーラム2011の開催について

                  日独マイクロナノ応用技術シンポジウム2011 
                   “German-Japanese Micro/Nano Applied Technology Symposium 2011” 
  第1部:第7回フラウンホーファーシンポジウム in Sendai
  第2部:MEMSパークコンソーシアム/産総研グリーンプロセスインキュベーションコンソーシアム特別セミナー


            東北大学マイクロシステム融合研究開発センターシンポジウム2011
                       “Tohoku Univ. Micro System Integration Center Symposium 2011”
    先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム「マイクロシステム融合研究開発拠点」成果報告会
           最先端研究開発支援プログラム「マイクロシステム融合研究開発」成果報告会


 イノベーション25ロゴ  東北大学マイクロシステム融合研究開発センターロゴ  東北大学ロゴ  仙台市ロゴ
フラウンホーファー研究機構   産業技術総合研究所 
 MEMSパークコンソーシアム
    【開催概要】
 日独交流150周年を記念し、日独のマイクロナノ分野における有望な応用技術の成果について、東北大学マイクロシステム融合研究開発センター、フラウンホーファー研究機構、(独)産業技術総合研究所からご講演いただくフォーラムを11月8日から3日間、仙台で開催します。
 本フォーラムでは、1日目はマイクロナノ応用技術を中心に、第1部に欧州における最大の応用研究機関であるフラウンホーファー研究機構(ENAS、IPMS、ISE、IWM、IZFP)のシンポジウム、第2部にMEMSパークコンソーシアム(独)産業技術総合研究所の特別セミナーを開催し、2日目にはMEMS技術を中心とした東北大学マイクロシステム融合研究開発センターの成果発表会を行います。
 さらに、3日目には仙台地域におけるMEMS試作開発の拠点である東北大学西澤潤一記念研究センター内の「試作コインランドリ」や震災からの復興に取り組む地域企業の見学会も実施いたします。
 MEMS技術を含む、国内外のマイクロナノ分野の研究者・技術者が一同に集結する絶好の機会となります。多数の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

   ◆日程:平成23年11月8日(火)〜10日(木) “Nov.8-10,2011”
   ◆場所:江陽グランドホテル 5階「鳳凰(西中)の間」 “Koyo Grand Hotel” 
        (仙台市青葉区本町2-3-1 TEL:022-267-5111)
        (アクセス http://www.koyogh.jp/index.htm
   ◆主催:東北大学、フラウンホーファー研究機構、フラウンホーファー日本代表部、産業技術総合研究所
        東北センターグリーンプロセスインキュベーションコンソーシアム、MEMSパークコンソーシアム、仙台市
         “Tohoku University, Fraunhofer-Gesellscaft, Fraunhofer Representative Office Japan,
          AIST Tohoku Center Green Process Incubation Consortium, City of Sendai”

    【プログラム】“Proguram”  ※下記プログラムは予定です。今後、変更の可能性もあります。
    11月8日(火) 日独マイクロナノ応用技術シンポジウム2011(日・英同時通訳“Simultaneous interpretation”)
   第1部:第7回フラウンホーファーシンポジウム in Sendai5階「鳳凰(西中)の間」)

時間 講演者 講演内容
10:00〜10:10 フラウンホーファー日本代表部 
代表 ロレンツ・グランラート
「開会挨拶」
10:10〜10:20 仙台市副市長 伊藤敬幹 「開会挨拶」
10:20〜10:30 東北大学原子分子材料科学高等研究機構
副機構長 小谷元子
「来賓挨拶」
10:30〜11:00 フラウンホーファー研究機構 
理事長 ハンス-ヨルグ・ブリンガー
「マイクロシステムとナノテクノロジー - ビジネス成功のための技術革新」
11:00〜11:30 東北大学原子分子材料科学高等研究機構
教授 江刺正喜
「東北大学における役に立つMEMSの研究」
11:30〜12:00 フラウンホーファーENAS 
所長  トーマス・ゲスナー
「マイクロ・ナノテクノロジーによるスマートシステムインテグレーション」
12:00〜12:30 フラウンホーファーIPMS
所長 カール・レオ
「OLED照明:COMEDDの概要とその開発動向」
12:30〜14:00 ランチビュッフェ(5階「鳳凰(東)の間」)
※定員100名、参加費無料
※別会場にて、フラウンホーファー研究機構と東北大学原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR)の学術交流協定調印式を開催(12:40〜13:10 3階 「羽衣の間」)
14:00〜14:30 フラウンホーファーISE 
所長 アイケ・ウェーバー
「再生可能エネルギ源からのエネルギ供給の未来」
14:30〜15:00 フラウンホーファーIWM 
副所長 マティアス・ペッツォルド
「マイクロシステムの不良解析から材料モデリングまで」
15:00〜15:30 フランホーファーIZFPナノ解析/試験システム部 副部長 ルネ・ヒュブナー 「マイクロエレクトロニクスのための高解像度顕微鏡技術」

   <休憩(15:30〜15:45)>

   第2部:MEMSパークコンソーシアム/産総研グリーンプロセスインキュベーションコンソーシアム特別セミナー  
       (5階 「鳳凰(西中)の間」)

時間 講演者 講演内容
15:45〜16:15 産業技術総合研究所 集積マイクロシステム研究センター ネットワークMEMSチーム 主任研究員 池原毅 「シリコンの機械的信頼性」
16:15〜16:45 産業技術総合研究所 集積マイクロシステム研究センター 大規模インテグレーション研究チーム Ph.D 張 毅 「ファイバー基材へのMEMS技術の開発」
16:45〜17:15 産業技術総合研究所 生産計測技術研究センター マイクロ空間化学ソリューションチーム 主任研究員 宮崎 真佐也 「マイクロ流体デバイスを用いる生体関連物質プロセッシング技術の開発」

  第3部:産総研グリーンプロセスインキュベーションコンソーシアム/MEMSPCカフェ
    ◆時間:17:30〜19:30
    ◆場所:5階 「鳳凰(東)の間」
    ◆概要:産総研グリーンプロセスインキュベーションコンソーシアムとMEMSパークコンソーシアムの共催による
          懇親会です。
    ◆定員:100名
    ◆参加費:5,000円(MEMSパークコンソーシアム会員は会費1口につき1名無料)

    11月9日(水) 東北大学マイクロシステム融合研究開発センターシンポジウム2011(5階「鳳凰(西中)の間」)

時間 講演者 講演内容
10:30〜10:40 東北大学 総長 井上明久 「挨拶」
10:40〜10:45 仙台市副市長 伊藤敬幹 「挨拶」
10:45〜10:50 文部科学省 科学技術・学術政策局
産業連携・地域支援課
地域支援企画官 木村直人
「来賓挨拶」
10:50〜10:55 内閣府
大臣官房審議官(科学技術政策担当)
大石 善啓
「来賓挨拶」
10:55〜11:00 東北大学マイクロシステム融合研究開発センター センター長 江刺正喜 「マイクロシステム融合開発センター全体紹介」
マイクロシステム融合研究開発拠点発表
11:00〜11:10 拠点統括 東北大学大学院工学研究科 
教授 小野崇人
「先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム概要説明」
11:10〜11:30 東北大学大学院工学研究科
教授 湯上浩雄
「次世代携帯機器グループ」
11:30〜11:50 東北大学大学院工学研究科
教授 三浦英生
「センサネットワーク・高機能センサグループ」
11:50〜12:10 東北大学大学院工学研究科
教授 羽根一博
「光マイクロシステムグループ」
12:10〜13:40 昼食、諮問委員会(4階「翡翠の間」)
13:40〜14:00 東北大学原子分子材料科学高等研究機構
教授 末永智一
「バイオ、医療マイクロシステムグループ」
14:00〜14:20 東北大学流体科学研究所
教授 寒川誠二
「製造、検査装置グループ」
14:20〜14:35 日本信号(株) 研究開発センター
新商品・技術開発室 副課長 松尾博一
「日本信号の事業概要と先端融合PJでの取り組み」
14:35〜14:50 住友精密工業(株) MEMS事業開発室
デバイス第1グループ 平田泰之
「LSI一体型赤外線リニアセンサアレイ」
14:50〜15:30 Prof.A.Pisano(UC Berkeley) 【招待講演】
「Zero-Power, High-throughput,
Micro & Nanoparticle Printing via Gravity-Driven
Formation of Picoliter-Scale Droplets.」
15:30〜15:50 休憩
15:50〜16:00 東北大学マイクロシステム融合研究開発センター センター長 江刺正喜 「最先端研究開発支援プログラム概要説明」
16:00〜16:20 株式会社クレステック 開発部
主幹研究員 小島明
「超並列電子線描画装置」
16:20〜16:40 東北大学大学院工学研究科ナノメカニクス専攻 准教授 田中秀治 「ヘテロ集積化初期試作」
16:40〜17:00 東北大学マイクロシステム融合研究開発センター 准教授 戸津健太郎 「試作コインランドリ」
17:00〜17:20 産業技術総合研究所集積マイクロシステム研究センター 主任研究員 小林健 「ヘテロ集積化量産試作」
17:20〜17:40 産業技術総合研究所集積マイクロシステム研究センター 研究チーム長 高木秀樹 「高効率MEMS融合製造技術」
17:40〜17:45 東北大学大学院工学研究科
教授 小野崇人
「閉会挨拶」

    <懇親会(18:00〜19:40)> (5階「鳳凰(東)の間」)※定員100名、参加費4,000円

   11月10日(木) 9:15〜15:30 視察ツアー
                    ソニー仙台テクノロジーセンター、仙台城址、東北大学西澤潤一記念研究センター

 ☆参加の申込みについて
  ◆申込方法:下記申請書をダウンロードし、必要事項を記載の上、下記申込先までE-mail又はFAXでお申込み下さい。
          仙台国際フォーラム2011 リーフレット(PDF)ダウンロード
  ◆申込締切:平成23年11月1日(火)
  ◆申込先:仙台市経済局産業創出部産学連携推進課
         FAX:022-214-8321 E-mail:kei008060@city.sendai.jp

このページのトップへ戻る

〒980-8671 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目7-1|代表電話 022-261-1111
市役所・区役所などの一般的な業務時間は8時30分〜17時00分です。(土日祝日および12月29日〜1月3日はお休みです)ただし、施設によって異なる場合があります。
市役所案内図組織と業務

QRコード

仙台市モバイル版ホームページ
http://www.city.sendai.jp/m/

仙台市では、平成15年11月1日からNTTドコモ、au、ソフトバンクの各社携帯電話に対応したホームページを公開しています。

※市政・ホームページに関するご意見・ご提案、お問い合わせ

Copyright©City of Sendai All Rights Reserved.