更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

定禅寺通景観地区

建築物の形態意匠の制限

外壁の形態等

地階を除く階数が3以上である建築物のうち、都市計画道路 3・1・4定禅寺通櫓丁線(以下「定禅寺通」という。)に面する外壁の形態は、次の各号のいずれかに該当するものでなければならない。

  • 一 低層階(1~2階)と中高層階のデザインに変化を持たせたもの
  • 二 形態、色彩、素材等により、分節化等が図られたもの
  • 三 平面形態を雁行形態等にしたもの
  • 四 前三号に掲げるもののほか圧迫感が少なく、ケヤキ並木に配慮し、歩行者の快適性を高めるデザインであると市長が認めるもの

外壁の色彩

1 外壁の色彩は,下表に掲げる基準に適合しなければならない。ただし,各壁面の面積の10%以下についてはこの限りではない。

マンセル値による色彩の基準

区域

色相

彩度

都市計画道路3・3・21

5R~5Y

6以下

土樋細横丁線の中心線以東の区域

その他

2以下

都市計画道路3・3・21

5R~5Y

4以下

土樋細横丁線の中心線以西の区域

その他

2以下

2 建築物の15m以上の部分の定禅寺通りに面する外壁の色彩は,明度8以上とする。ただし,各壁面の面積の10%以下についてはこの限りではない。

外壁の素材

定禅寺通に面する外壁の素材は,次の各号のいずれかに該当するものでなければならない。

  • 一 砂岩や叩き仕上げ等の表情の柔らかな石材,煉瓦又は木材等のケヤキに馴染む素材
  • 二 光沢のある大理石や御影石等の硬い表情の石材又はタイルなどのケヤキが映える素材
  • 三 ガラス,ハーフミラー等のケヤキが溶け込む素材

建築設備等

屋外に設置する建築設備や屋外階段は,次の各号のいずれかに該当するものでなければならない。

  • 一 道路及び広瀬川の河川区域から直接望見できない位置に設置したもの
  • 二 建築物と一体となったデザインであるもの
  • 三 ルーバーや建築物と一体となった外周壁等による遮蔽や周辺の緑化による修景を行ったもの
  • 四 その他建物がすっきり見えるように設置されたと認められるもの

駐車施設

自動車車庫の出入口は,定禅寺通へ自動車が出入りするための敷地の出入口又は当該敷地の出入口に通じる車路に接続してはならない。ただし,敷地等によりやむを得ない場合で,自動車車庫が隣接する建築物との調和に配慮したデザインであり,かつ,自動車車庫の出入口が最小限の幅であると市長が認める場合は,この限りでない。

建築物の認定申請について

認定申請が必要な行為

建築物の、

  • (1)新築
  • (2)増築
  • (3)改築
  • (4)移転
  • (5)外観を変更することとなる修繕
  • (6)外観を変更することとなる模様替え
  • (7)色彩の変更

認定申請の手続き

  • (1)申請期限:行為着手の30日前まで
  • (2)申請窓口:青葉区役所建設部街並み形成課

認定申請の流れ

計画案の検討段階から随時、事前相談を行うことができますので、早めにご相談をお願いいたします。

特に、規模の大きな建築物等は、設計が進んだ段階では計画の修正が難しくなりますので、計画の「意思表示」をできるだけ早めに行ってください。

景観地区の手続きフロー

※一定規模以上の工作物は「仙台市『杜の都』景観計画」に定める行為の制限の対象となりますので、景観計画の届出が必要になります。

お問い合わせ

都市整備局都市景観課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8288

ファクス:022-214-8300