現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 5月 > 東北大学片平キャンパスが都市景観大賞特別賞を受賞しました

更新日:2017年5月31日

ここから本文です。

東北大学片平キャンパスが都市景観大賞特別賞を受賞しました

東北大学片平キャンパス地区が
平成29年度都市景観大賞「都市空間部門」特別賞を受賞しました

東北大学と仙台市が共同で応募した「東北大学片平キャンパス地区」が、都市景観大賞「都市空間部門」特別賞(「都市景観の日」実行委員会 会長賞)を受賞しました。今後の大学キャンパスの保全・再生・活用のモデルになり得る点などが評価されたものです。

対象地区

「東北大学片平キャンパス地区」は、東北大学片平キャンパスとキャンパス北側のユリノキ並木のある仙台市道を対象地区としています。
この地区は、東北大学によるキャンパスマスタープランなどに基づく、歴史的建造物の保全と、これらとの調和を図った新規建築物の整備や既存建築物の改修、緑豊かなオープンスペースが一体となった優れた景観形成が図られているとともに、市民交流の場として日常的に利用されるなど、身近で魅力的な都市空間となっています。

実行委員会審査委員長総評

「近代建築に愛着を感じる市民有志の熱心な活動を背景に、歴史的建造物の保存・活用、新築におけるイメージ継承などミクロシティである大学内での景観づくりに価値ある成果を生みつつある。開かれたキャンパス、賑わいづくりのさらなる展開に期待し、「特別賞」の受賞に至った。」

ユリノキ並木から見た北門周辺
ユリノキ並木から見た北門周辺

春の学都記念公園
   春の学都記念公園

写真提供:東北大学

都市景観大賞

都市景観大賞は、良好な都市景観を生み出す優れた事例を選定し、その実現に貢献した関係者を顕彰する表彰制度。まちづくりに関連する財団法人や社団法人により構成される「都市景観の日」実行委員会主催。国土交通省後援。
「都市空間部門」は、街路や公園等の公共空間とその周りの宅地・建物等が一体となって良質で優れた都市景観が形成され、それを市民が十分に活用することよって、地域の活性化が図られている地区を対象とし、大賞・優秀賞・特別賞が設けられている。

お問い合わせ

都市整備局都市景観課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8288

ファクス:022-214-8300