更新日:2018年6月26日

ここから本文です。

ブロック塀・石塀の点検をお願いします

平成30年6月18日に大阪府北部を震源とする地震が発生し、複数の方が倒壊したブロック塀の下敷きとなり亡くなるという痛ましい事故が発生いたしました。

ブロック塀は地震などによる災害時に倒壊や落下など、命を脅かす危険なものとなる場合があります。
ブロック塀を所有される皆様におかれましては敷地内のブロック塀等の安全点検をしていただきますとともに、安全点検の結果、危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示及び補修・撤去等の対応をしていただきますようお願いいたします。
基準を守り、安全・安心なまちづくりにご協力いただきますよう、お願いいたします。


【1.「ブロック塀の点検のチェックポイント」に基づき、ご所有の敷地内のブロック塀等の点検をしましょう】
ブロック塀について、1~6の項目を点検し、ひとつでも不適合があれば専門家に相談しましょう。

ーブロック塀の点検チェックポイントー
(1)塀は高すぎないか 塀の高さは地盤から2.2メートル以下か
(2)塀の厚さは十分か 塀の厚さは10センチメートル以上か(塀の高さが2メートル超2.2メートル以下の場合は15センチメートル以上)
(3)控え壁はあるか(塀の高さが1.2メートル超の場合) 塀の長さ3.4メートル以下ごとに、塀の高さの5分の1以上突出した控え壁があるか
(4)基礎があるか   コンクリートの基礎があるか
(5)塀は健全か    塀に傾き、ひび割れはないか
(6)塀に鉄筋は入っているか【不明な場合は専門家に相談しましょう】(※) 塀の中に直径9ミリメートル以上の鉄筋が、縦横とも80センチメートル間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか
基礎の根入れ深さは30センチメートル以上か(塀の高さが1.2メートル超の場合)

ー組積造(れんが造、石造、鉄筋のないブロック造)の塀の点検チェックポイントー
(1)塀の高さは地盤から1.2メートル以下か
(2)塀の厚さは十分か
(3)塀の長さ4メートル以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控え壁があるか
(4)基礎があるか
(5)塀に傾き、ひび割れはないか
(6)基礎の根入れ深さは20センチメートル以上か【不明な場合は専門家に相談しましょう】(※)

(※)専門家については下記を参照のこと


【2.専門家に相談しましょう】
ブロック塀の除却工事等を行う場合や、より具体的な調査が必要になった場合は、施工者かお知り合いの工務店等にご相談ください。いずれも分からない場合は、下記にお問い合わせください。
ジェイペックス宮城(公益社団法人 日本エクステリア建設業協会宮城県支部)
電話 022-345-0401
宮城県コンクリートブロック協業組合
電話 0223-34-1360


【3.仙台市ブロック塀等除却工事補助金交付事業について】
仙台市内の公道等に面するブロック塀等のうち、特に危険と認められるブロック塀等を除却する場合に、除却費の一部を補助します。
なお、助成の対象となる市民の方には、仙台市より除却のお願いと補助のお知らせを文書にて通知しております。
※補助金交付事業については下記関連リンクからご覧ください。


【4.お問い合わせ先】
青葉区役所街並み形成課  街並み係  仙台市青葉区上杉一丁目5-1 8階   (代表)電話:022-225-7211
宮城野区役所街並み形成課 街並み係  仙台市宮城野区五輪二丁目12-35 5階 (代表)電話:022-291-2111
若林区役所街並み形成課  街並み係  仙台市若林区保春院前3-1 5階    (代表)電話:022-282-1111
太白区役所街並み形成課  街並み係  仙台市太白区長町南三丁目1-15 4階 (代表)電話:022-247-1111
泉区役所街並み形成課   街並み係  仙台市泉区泉中央二丁目1-1 4階   (代表)電話:022-372-3111

お問い合わせ

都市整備局建築指導課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8323

ファクス:022-211-1918