更新日:2017年7月7日

ここから本文です。

仙台市災害危険区域について

仙台市では建築基準法(昭和25年法律第201号)第39条に基づき仙台市災害危険区域条例(昭和49年仙台市条例第49号。以下「条例」という。)(リンク先よりご検索ください。)を定め、地すべりによる危険が著しい区域、津波による危険が著しい区域等を災害危険区域に指定するとともに、当該区域における建築の制限をしております。

災害危険区域について

仙台市が指定する災害危険区域とは(条例第2条)

第1号区域:急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律(昭和44年法律第57号。以下「急傾斜地法」という。)第3条第1項の規定により宮城県知事が指定した急傾斜地崩壊危険区域

第2号区域:第1号区域の周辺その他急傾斜地(急傾斜地法第2条第1項に規定する急傾斜地をいう。以下同じ。)の崩壊による危険の著しい区域で市長が指定するもの

第3号区域:地すべりによる危険の特に著しい区域で市長が指定するもの

第4号区域:第3号区域の周辺その他地すべりによる危険の著しい区域で市長が指定するもの

第5号区域:津波による危険の特に著しい区域で市長が指定するもの

※区域図に関しては建築指導課で縦覧しております。

仙台市が指定した災害危険区域一覧

第1号区域

No

区域名

指定年月日

指定面積(平方メートル)

1

鹿野屋敷

昭和50年10月1日

840

2

大手町

昭和50年10月1日

2,760

3

広瀬の1

昭和50年10月1日

2,030

4

広瀬の2

昭和50年10月1日

8,400

5

旭ヶ丘の2

昭和50年10月1日

1,500

6

台屋敷の2

昭和51年2月17日

14,900

6-1

(追加)

昭和55年6月19日

11,500

7

桜木町

昭和53年5月30日

11,200

8

鷺ヶ森の2

昭和54年5月8日

3,700

9

八幡の10

昭和54年5月8日

2,600

10

向山の5

昭和55年5月13日

3,100

11

千代田町の3

昭和55年5月13日

3,800

12

南黒松の2

昭和55年5月13日

2,400

13

鷺ヶ森の1

昭和56年6月19日

1,300

14

松波町の3

昭和57年5月18日

5,800

15

向山の6

昭和58年12月13日

7,800

15-1

(追加)

平成1年11月6日

300

15-2

(追加)

平成14年3月26日

1,600

16

向山の9

昭和58年12月13日

19,100

16-1

(追加)

平成1年11月16日

700

17

川内の2

昭和58年12月13日

3,900

18

旭ヶ丘の1

昭和58年12月13日

3,000

18-1

(追加)

平成7年4月21日

500

19

旭ヶ丘の5

昭和58年12月13日

5,790

20

黒松の5

昭和58年12月13日

10,820

21

北鷺ヶ森の1

昭和58年12月13日

6,850

21-1

(追加)

平成7年4月21日

1,300

22

清水沢

昭和59年4月17日

7,470

23

鷺ヶ森の3

昭和60年3月22日

2,800

24

川内の1

昭和61年3月14日

800

25

源太兵衛の1

平成1年11月6日

5,300

26

萩ケ丘の1

平成1年11月6日

2,600

27

土手内の1

平成1年11月6日

6,100

28

黒松の4

平成1年11月6日

2,600

29

小松島の3

平成1年11月6日

4,200

30

土手

平成1年11月6日

5,000

31

山手町

平成1年11月6日

6,800

32

向山の13

平成1年11月6日

1,100

33

堤の2

昭和48年3月23日

3,200

34

丸山

平成1年11月6日

2,030

35

東黒松の1

平成1年11月6日

12,170

36

台屋敷の3

平成2年7月30日

13,100

37

北鷺ケ森の2

平成4年11月17日

2,400

38

北鷺ケ森の3

平成4年11月17日

2,200

39

向田の1

平成6年3月25日

6,200

40

水の森

平成10年4月10日

4,200

41

松波町の4

平成11年5月21日

5,200

42

羽黒台の1

平成11年5月21日

31,540

43

日本平

平成15年3月26日

13,300

44

国見の3

平成15年12月12日

600

45

双葉ヶ丘

平成17年1月21日

3,200

46

真美沢

平成17年1月21日

7,600

46-1

(真美沢追加)

平成17年11月18日

3,900

47

恵和町

平成17年11月18日

1,500

48

片平町の1

平成18年1月17日

5,800

49 川平の1

平成29年3月3日

1,425

第2号区域

現時点で定めていません。

第3号区域

No

区域名

指定年月日

指定面積(平方メートル)

1

緑ケ丘

昭和55年2月8日

10,810

2

緑ケ丘4

平成24年9月10日

21,656

3

松森字陣ヶ原

平成25年3月15日

2,926

第4号区域

No

区域名

指定年月日

指定面積(平方メートル)

1

緑ケ丘

昭和55年4月10日

38,520

第5号区域

No

区域名

指定年月日

指定面積(平方メートル)

1

沿岸部

平成23年12月16日

12,138,000

建築の制限について

災害危険区域に建築する際の建築の制限とは(条例第3条、第4条)

第1号、第2号区域

住居の用に供する建築物※1を建築する場合は次の項目のいずれかに該当しなければなりません。

  • 建築物の基礎及び主要構造部が鉄筋コンクリート造又はこれに類する構造で急傾斜地の崩壊に対して耐力上支障がないものであり、かつ、当該建築物の外壁の開口部が急傾斜地に直接面していないこと
  • 急傾斜地の崩壊に対する防護施設又は防止施設が設置されていること

第3号区域及び第5号区域

住居の用に供する建築物※1を建築してはならない。

第3号区域において住居の用に供する建築物※1以外の建築物を建築する場合及び第4号区域

建築物を建築する場合は次の項目にすべて該当しなければなりません。

  • 建築物の地階を除く階数が2以下であること
  • 建築物の基礎が一体の鉄筋コンクリート造であること
  • 建築物の基礎の底部(基礎杭を使用する場合にあっては、当該基礎杭の先端)が良好な地盤に達していること等地すべりに対して構造耐力上安全であるための必要な措置が講じられていること

※1住居の用に供する建築物とは

  • 住宅(専用住宅、併用住宅、長屋)
  • 寄宿舎
  • 下宿
  • 共同住宅

東日本大震災(平成23年3月11日)以降指定した災害危険区域について

東日本大震災以降に指定した災害危険区域は次に示します。

災害危険区域一覧(PDF:115KB) (PDF:113KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局建築指導課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8347

ファクス:022-211-1918