現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 国民健康保険・年金 > 国民健康保険 > 以前住んでいたところと国民健康保険料にだいぶ開きがあります。市町村によって保険料に違いがあるのはどうしてですか?

更新日:2017年3月21日

ここから本文です。

以前住んでいたところと国民健康保険料にだいぶ開きがあります。市町村によって保険料に違いがあるのはどうしてですか?

質問

以前住んでいたところと国民健康保険料にだいぶ開きがあります。市町村によって保険料に違いがあるのはどうしてですか?

回答

国民健康保険は自営業や農業などの職場の健康保険がない人や、退職して健康保険をやめた人のため、市町村が運営する保険です。運営主体が市町村であるため、医療費の支払いや保険料の徴収なども市町村が行なうことになります。一般的に保険料は医療機関に支払う医療費と密接にかかわっており、医療費によって保険料が高くなったりするので、収入(所得)が同じでも市町村間では各世帯の保険料に違いが生じてきます。

お問い合わせ

健康福祉局保険年金課
仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階
電話番号:022-214-8171 ファクス:022-214-8195