現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 障害のある方 > 障害理解促進・啓発 > 平成30年度第1回、第2回ココロン・カフェを開催しました

更新日:2018年9月20日

ここから本文です。

平成30年度第1回、第2回ココロン・カフェを開催しました

第1回、第2回ココロン・カフェを開催しました

今回のココロン・カフェでは、「合理的配慮の事例について話し合おう!」をテーマに、障害を理由とする差別に関する相談への対応について、「盲導犬の入店拒否」「聴覚障害者への対応拒否」の二つの事例をもとに、障害のある人、お店や会社それぞれの立場から、してほしいこと、してほしくないことについて話し合いました。

仙台市では本年度、障害を理由とする差別に関する事例集の作成を予定しています。今回のココロン・カフェは、事例集作成の際の貴重な意見として活かしていきたいと考えております。

こんな意見が出ました!

お店、会社ができること

盲導犬の事例
  • 障害ある方を理解するためのマニュアルを作成する
  • 盲導犬についての研修等を実施して従業員の障害理解を深めればよい
聴覚障害者の事例
  • 誰もがわかりやすいパンフレット等を作成する
  • タブレット等のIT機器を置いておいて活用する

当事者ができること

盲導犬の事例
  • 本人やヘルパーさんが事前にお店を予約する
聴覚障害者の事例
  • アプリや、筆談ボードなどツールを活用する
  • ヘルプカード等、自分の障害について知ってもらえるものを身に着けて、自分の苦手なことを伝わりやすいようにする

その他の意見

盲導犬の事例
  • 犬が苦手な方もいる。お店にたくさんの犬が来たら、驚いてしまう場合もある
聴覚障害者の事例
  • 障害のある方を身近に感じるために、小学生のころから交流する機会があると良い

開催の概要

第1回ココロン・カフェ

日時:平成30年7月27日(金曜日)14時00分~16時00分

場所:太白区中央市民センター3階大会議室

参加人数:12名

第2回ココロン・カフェ

日時:平成30年7月29日(日曜日)14::00~16時00分

場所:市役所本庁舎8階ホール

参加人数:21名

テーマ:「合理的配慮の事例について話し合おう!」

※第1回、第2回ともにテーマは同じです。

開催風景

cocoron1cocoron2

 

 

 




 

お問い合わせ

健康福祉局障害企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8163

(内線700-3123)

ファクス:022-223-3573