現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 障害のある方 > ココロン☆ワークスペシャルを開催しました!

更新日:2018年11月21日

ここから本文です。

ココロン☆ワークスペシャルを開催しました!

ココロン☆ワークスペシャルを開催しました!

 平成30年10月24日(水曜日)、エル・パーク仙台にて、「ココロン☆ワーク スペシャル」を開催しました。ご出席いただいた皆さん、率直な意見交換をいただきありがとうございました。当日出席できなかった皆さんもぜひご覧いただき、今後の参考にしていただければ幸いです。

概要

日時:平成30年10月24日(水曜日)16時00分~18時00分

場所:エル・パーク仙台6階ギャラリーホール

参加者

合計50名(6グループで話し合い)

内訳

区分

人数(名)

障害福祉の仕事に興味のある大学生

21

障害福祉事業所1~3年目程度の若手職員

14

仙台市障害者施策推進協議会委員

9

仙台市職員

6

合計

50

当日の流れ

グループワーク1.「先輩達の1日を知ろう!」

 障害福祉事業所の若手職員の皆さんに1日のスケジュールを発表いただき、グループで意見交換しました。

 若手職員の皆さんは、1日の過ごし方や職場の雰囲気等を話し合い、苦労ややりがいを共有しました。

 学生の皆さんは、仕事だけでなく、日常生活の部分も含めた先輩の話に聞き入り、質問しました。

グループワーク2.「就職について皆で話そう!」

 学生の皆さんに、進路を選ぶ上で気になることについてご質問いただき、意見交換しました。

 仕事に関する話題以外にも、「1年目で休暇は取得できたか?」「残業はあるか?」「朝早い時間からの勤務か?」「働き続けるには何か大事か?」など、働き方やライフスタイルに関する話題で各グループ盛り上がりました。

話し合いで出た意見の例

  • 話し合いでは、今時の学生さんがどんなことを考えているのか知る機会がなかったので、それを知れてよかったです。(若手職員)
  • 事業所の雰囲気は職員間のやりとりの様子で分かるという話があり、なるほどと思いました。(学生)
  • 給料や休みの話題がたくさん出たので、みんな現実的だなと思いました。(学生)
  • 最終的には福祉の仕事には答えがないという話になりました。そして、答えがないからこそ福祉の仕事は面白いのではないかと感じました。(学生)

上記以外にも、たくさんの意見が出ました。詳細は、報告書(PDF:764KB)をご覧ください。

最後に

仙台市では、今後も関係する皆様のご協力をいただきつつ、障害福祉分野の人材確保・定着のための取り組みを進めてまいります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局障害企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8163

ファクス:022-223-3573