現在位置ホーム > イベントカレンダー > 障害理解の促進を図るプロジェクト「TOGETHER ACTION PROJECT(TAP)」トークセッション&表現ワークショップ

更新日:2016年12月5日

ここから本文です。

障害理解の促進を図るプロジェクト「TOGETHER ACTION PROJECT(TAP)」トークセッション&表現ワークショップ

 障害のある人もない人も気軽に参加し一緒に楽しめる表現活動を通した交流や対話などを通して、障害理解の促進を図るプロジェクト「TOGETHER ACTION PROJECT(TAP)」を始動します。
 トークセッションでは、障害のある人たちの音楽やダンスなどの「表現のチカラ」その可能性と魅力を探ります。
 表現ワークショップでは、「身体表現」「リズム表現」「ボイス表現」の表現活動を通じて、ともに楽しみ交流します。

日時

  • 2016年12月17日(土曜日)11時00分から2016年12月17日(土曜日)17時30分

場所

 ●仙台市市民活動サポートセンター
  市民活動シアター

費用

 ●無料

主催者

 ●とっておきの音楽祭実行委員会SENDAI
※この事業は仙台市市民協働事業提案制度「表現活動による障害者差別解消・障害理解の促進に関するPR事業」として実施します。

その他

 ●トークセッション(14時30分から16時)
  【パネリスト】
   ・高橋幸代さん(東京藝術大学COI「障がいと表現研究」グループ
   ・佐藤雅樹さん(株式会社ヤマハミュージックジャパン事業開発部長・おとまちプロデュ―サー)
   ・渡辺敦生さん(みやぎデフ親子クラブ代表・みやぎのろう教育を考える会副運営委員長)
  【コーディネーター】
   ・菊地昭典さん(とっておきの音楽祭実行委員会 SENDAI 企画プロデューサー)
    ※申し込み不要
 ●表現ワークショップ
  ・身体表現:ダンスを基本に体を自由に動かしながら、その楽しさを体験します。
   【講師】小野詩織さん(ダンサー)
   【時間】11時から12時
  ・リズム表現:みんなで様々な打楽器を叩き、即興的に作るアンサンブルで一体感を楽しみます。
   【講師】千葉淳子さん、宍戸素子さん(東北ドラムサークルファシリテーター)
   【時間】13時から14時
  ・ボイス表現:発声から歌まで声を使っての表現の面白さを体験します。
   【講師】猪狩太志さん(音楽プロデューサーゴスペルディレクター)
   【時間】16時30分から17時30分
   ※12月14日(水曜)までに電話またはファクス、Eメールで主催者にお申し込みください。
   

このイベントに関する問合せ

名前

とっておきの音楽祭実行委員会SENDAI事務局

電話番号

022-265-0980

ホームページ

とっておきの音楽祭実行委員会SENDAI事務局ホームページ(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局障害企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8163

ファクス:022-223-3573

内容の詳細に関するお問い合わせ先 
 とっておきの音楽祭実行委員会SENDAI事務局
 (電話番号)022‐265‐0980
 (ファクス)022‐716‐5717
 (Eメール)info@totteokino-ongakusai.jp