現在位置
トップページ>
健康と福祉>
健康・医療>
感染症情報・予防接種>
予防接種>
平成28年度の高齢者肺炎球菌予防接種(定期接種・任意接種)について

平成28年度の高齢者肺炎球菌予防接種(定期接種・任意接種)について

平成28年4月1日

平成26年10月1日から、高齢者の肺炎球菌予防接種は定期接種となり、仙台市では、対象となる方の予防接種費用の一部を助成しております。定期接種の対象となる方は下記のとおりです。定期接種の対象となる方以外で、接種日に70歳以上の方は、仙台市が助成する任意接種の対象となり、接種回数、接種費用等は定期接種と同じです。高齢者の肺炎の原因で最も多く、重症化しやすいものが肺炎球菌です。この予防接種に用いられるワクチンは、成人の重症肺炎の約7割を占める23種類の肺炎球菌の型に効果があります。

対象者

仙台市内に住所がある方及び原発避難者特例法による福島県内の13の指定市町村(*)から仙台市に避難されている方が対象となります。

*福島県内の13の指定市町村:いわき市,田村市,南相馬市,川俣町,広野町,楢葉町,富岡町,大熊町,双葉町,浪江町,川内村,葛尾村,飯館村

※ただし、過去に肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがある方、公害補償制度が適用になる方は、定期接種及び任意接種の対象になりません。

 

●定期接種の対象者

下記の 【1】または【2】にあてはまる方

【1】平成28年度(平成29年3月31日まで)に下記の年齢になる方

65歳(昭和26年4月2日~昭和27年4月1日生)、70歳(昭和21年4月2日~昭和22年4月1日生)

75歳(昭和16年4月2日~昭和17年4月1日生)、80歳(昭和11年4月2日~昭和12年4月1日生)

85歳(昭和6年4月2日~昭和7年4月1日生)、90歳(大正15年4月2日~昭和2年4月1日生)

95歳(大正10年4月2日~大正11年4月1日生)、100歳(大正5年4月2日~大正6年4月1日生)

【2】60歳以上65歳未満の方で心臓・腎臓・呼吸器の機能の障害、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害のある方(身体障害者手帳1級相当程度)

 

●任意接種の対象者

定期接種対象者以外の接種日に70歳以上の方

 

接種期間

平成28年4月1日から平成29年3月31日まで

接種費用

自己負担金5,000円

※生活保護世帯、市民税非課税世帯に属する方及び中国残留邦人等支援給付制度受給者の方は無料

●生活保護世帯に属する方は、登録医療機関に生活保護支給票を提示してください。

●市民税非課税世帯に属する方は、(1)平成28年度の介護保険料決定通知書(保険料所得段階が1から4のいずれかに該当する場合)または、(2)市が交付する確認通知書(「自己負担金免除対象者です」と記されたもの)を、接種当日に登録医療機関に提示していただくことで、自己負担金が無料になります。

(1)平成28年度の介護保険料決定通知書:65歳以上の方に平成28年6月にお送りします。平成28年度の介護保険料決定通知書がお手元に届くより前(平成28年4~6月)に接種を受ける場合は、平成27年度の介護保険料決定通知書を登録医療機関に提示してください。介護保険料決定通知書をお持ちでない方(紛失された方含む)は、(2)の確認通知書を登録医療機関に提示してください。自己負担金免除のための介護保険決定通知書の再発行はいたしておりません。

(2)確認通知書:事前に市への申請が必要です。住民票の世帯員全員が非課税の方が対象で、申請書は下記添付ファイルを印刷していただくか、区役所家庭健康課、総合支所保健福祉課窓口で、提出用封筒と一緒にお受け取りください。申請後に市が確認通知書を送付いたしますので、対象となる方は、登録医療機関に確認通知書をお持ちください。平成28年1月1日(4月~6月の申請においては、平成27年1月1日)現在、仙台市以外にお住まいだった方がいる場合は、お住まいだった市町村で発行される市(町村)民税非課税証明書を取り、申請書に添付してください。原発避難者特例法で指定された13市町村(*)から仙台市に避難されている方は、同居している方全員分の避難元市町村で発行される非課税証明書を取り、申請書に添付してください。

(3)中国残留邦人等支援給付制度受給者の方は、登録医療機関に本人確認証を提示してください。

接種場所

仙台市の高齢者肺炎球菌予防接種登録医療機関(下記添付ファイルをご覧ください)

※予約の必要な医療機関もありますので、あらかじめ電話等でご確認ください。

 

平成26年10月より、仙台市以外の医療機関(宮城県内に限る)でも接種が可能となりました

仙台市外にある宮城県内の登録医療機関で接種を希望される場合は、各区役所の家庭健康課、各総合支所の保健福祉課にお問い合わせください。接種対象者である旨を確認後、窓口にて必要書類(予診票)を配布します。また、申し出があった場合には、郵送による必要書類(予診票)の配布も実施しております。

持参物

健康保険証、60歳以上65歳未満で対象となる方は身体障害者手帳をお持ちください。

 

その他

接種を希望される場合は、下記添付の「肺炎球菌予防接種を受ける前に」をよく読み、十分に理解された上で接種してください。接種にあたっては、ご本人の意思確認と署名が必要となります。


Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてください。

このページのトップへ戻る