現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 福祉・医療 > 医療・薬品 > 感染症対策 > 医師,獣医師の皆さまへ(感染症法に基づく届出) > 侵襲性インフルエンザ菌感染症、侵襲性髄膜炎菌感染症及び侵襲性肺炎球菌感染症が五類感染症に追加されました

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

侵襲性インフルエンザ菌感染症、侵襲性髄膜炎菌感染症及び侵襲性肺炎球菌感染症が五類感染症に追加されました

感染症法(※)に基づく疾病、届出につきましては、平成25年3月7日付で感染症法施行令等が一部改正されましたので、改正後の届出の基準・様式でお届けくださいますようお願いします。

※感染症法:感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

改正の概要

  1. 侵襲性インフルエンザ菌感染症、侵襲性髄膜炎菌感染症及び侵襲性肺炎球菌感染症が五類感染症として追加されました。
  2. 1の疾病との重複を避けるため、細菌性髄膜炎(五類感染症(定点把握対象))から1の疾病を除くとともに、髄膜炎菌性髄膜炎(五類感染症)が削除されました。
  3. 次の疾病の届出について変更がありました。
    届出基準:重症急性呼吸器症候群(二類感染症)、E型肝炎、Q熱、デング熱、ブルセラ症、レジオネラ症(以上、四類感染症)、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症、バンコマイシン耐性腸球菌感染症(以上、五類感染症)、細菌性髄膜炎、ペニシリン耐性肺炎球菌感染症、マイコプラズマ肺炎、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症、薬剤耐性アシネトバクター感染症、薬剤耐性緑膿菌感染症(以上、五類感染症(定点把握対象))
    届出様式:重症急性呼吸器症候群(二類感染症)、細菌性赤痢(三類感染症)、E型肝炎、チクングニア熱、デング熱、日本脳炎、ブルセラ症、マラリア、類鼻疽、レジオネラ症(以上、四類感染症)、ウイルス性肝炎、劇症型溶血性レンサ球菌感染症、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症、バンコマイシン耐性腸球菌感染症、麻しん(以上、五類感染症)

追加された感染症の届出について

侵襲性インフルエンザ菌感染症

届出時期:診断後7日以内
届出対象:患者
届出先:最寄りの保健所

侵襲性髄膜炎菌感染症

出時期:診断後7日以内
届出対象:患者
届出先:最寄りの保健所

侵襲性肺炎球菌感染症

出時期:診断後7日以内
届出対象:患者
届出先:最寄りの保健所

※届出の基準・様式は下記PDFをご覧ください。

問い合わせ先

青葉区保健福祉センター(管理課) 022-225-7211(代)

宮城野区保健福祉センター(管理課) 022-291-2111(代)

若林区保健福祉センター(管理課) 022-282-1111(代)

太白区保健福祉センター(管理課) 022-247-1111(代)

泉区保健福祉センター(管理課) 022-372-3111(代)

今回追加された感染症の届出基準・届出様式

クリックすると届出基準・届出様式がダウンロードできます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915