更新日:2017年11月9日

ここから本文です。

世界エイズデーせんだいキャンペーン

平成29年度「世界エイズデー」キャンペーンテーマ

平成29年度のキャンペーンテーマは、「UPDATE!エイズのイメージを変えよう」です。
現在HIV/エイズは、治療法の進歩、HIV感染の早期把握、治療の早期開始・継続によりエイズの発症を防ぎ、日常生活を送ることが可能になっています。
しかし、HIV/エイズは有効な治療法が無く、死に至る病であった時代の認識にとどまっている場合が少なくありません。HIV/エイズのイメージを変え、正しい知識を身につけましょう!

エイズ・梅毒即日検査会(無料・匿名・予約不要)

世界エイズデーにあわせて、予約不要のエイズ・梅毒即日検査会を開催します。
HIV・梅毒に感染しているかどうか、その日のうちに結果がわかります。
検査は匿名・無料です。HIVや梅毒は、誰にでも感染する可能性があります。この機会をぜひご利用ください。

【日時】平成29年12月2日(土曜日)受付時間 14時~18時

    ※受付開始直後は、混雑が予想されます。

【場所】青葉区役所2階(仙台市青葉区上杉1-5-1)
※閉庁日のため正面入り口は閉まっています。北側入口(守衛室前)よりお入りください。
※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
お車の方はお近くの有料駐車場をお使いください。

青葉区役所案内地図

【所要時間】1~2時間程度(当日の混み具合によります。受付開始直後は混雑が予想されます)

参考 平成29年6月エイズ・梅毒即日検査会来所者の待ち時間
受付時間 来所者数 受付から終了までの時間
14時~14時30分 43 55分から97分
14時30分~15時 13 90分から100分
15時~15時30分 13 75分から90分
15時30分~16時 11 75分から90分
16時~16時30分 8 70分から90分
16時30分~17時 17 70分から90分
17時~17時30分 15 60分から80分
17時30分~18時 5 55分から60分

 

【予約等】予約は不要です。直接会場へお越しください。

 

【注意事項】

  • 正確な判定を行うため、感染の心配なできごとから12週間(約3ヶ月)たってから検査を受けてください。
  • 陰性の場合は当日結果がわかります。
  • HIV即日検査では、検査の性質上、200人に1人程度の割合で、感染していなくても判定保留となることがあります。そのため、判定保留となった場合にはより精度の高い方法で追加・確認の検査を行います。
    その結果は1~2週間後に再来所していただき本人にお知らせします。
  • 過去に梅毒の治療歴がある方は、梅毒即日検査では陽性と判定されます。各区役所平日の梅毒通常検査をお受けください。
  • 当日の問い合わせ先:青葉区役所(代)022-225-7211
  •  

     

    <検査会場の様子>
    検査会待合室の写真検査会相談室の写真

     

     

    世界エイズデーみやぎ・せんだい2017キャンペーン

    【日時】平成29年11月26日(日曜日)12時~14時

    【場所】JR仙台駅2階

    【内容】

  • センダイガールズプロレスリング選手、伊達武将隊等による呼びかけ
  • 啓発グッズ・リーフレット等の配布
  • エイズに関するパネル展
  • センダイガールズプロレスリング選手、伊達武将隊、県内大学生が作る思春期健康教育推進サークル「宮城PEER(みやぎピア)」も参加し、呼びかけや啓発グッズの配布を通して、エイズについての正しい理解とエイズ検査の受検を呼びかけます。ぜひお越しください。
    ※このキャンペーンは、仙台人権啓発活動地域ネットワーク協議会のご支援を受けて開催しています。
    仙台人権啓発活動地域ネットワーク協議会(ホームページ)(外部サイトへリンク)

    <昨年の様子>
    世界エイズデー2016キャンペーン写真2世界エイズデー2016キャンペーン写真4

    【主催】宮城県、仙台市、仙台人権啓発活動地域ネットワーク協議会
    【協力】センダイガールズプロレスリング、伊達武将隊、宮城PEER
    【協賛企業】不二ラテックス株式会社

    Act Against AIDS 2017 in SENDAI

    ActagainstAIDS(AAA/アクト・アゲインスト・エイズ)は音楽業界を中心に力を合わせて展開しているエイズ啓発運動です。
    毎年、世界エイズデーに合わせて、全国各地でミュージシャンや俳優などがコンサートを行っています。仙台でも昨年に続きコンサートが開催されます。
    同会場内にて、エイズに関するパネル展、リーフレットの配布等を行います。
    ActAgainstAIDS2017inSENDAI(ホームページ)(外部サイトへリンク)

    世界エイズデー前後の検査(予約方法など、詳しくは「エイズの相談・検査」のページへ)

    平成29年度世界エイズデー前後の検査日程表
    日程 受付時間 会場 検査項目 予約(※) 結果説明
    11月18日(土曜日) 13時30分~15時00分 青葉区役所2階 HIV・梅毒 要予約 当日(約1時間後)
    11月20日(月曜日) 9時00分~10時30分 泉区役所東庁舎2階 HIV・梅毒 不要 1週間後
    11月22日(水曜日) 9時00分~10時30分 若林区役所3階 HIV・梅毒 不要 1週間後
    11月24日(金曜日) 9時00分~11時00分 青葉区役所2階 HIV・梅毒 不要 1週間後
    11月24日(金曜日) 17時00分~19時00分 宮城県歯科医師会館 HIV・梅毒 要予約 当日(約1時間後)
    11月28日(火曜日) 13時30分~15時00分 太白区役所3階 HIV・梅毒 不要 1週間後
    12月1日(金曜日) 9時00分~11時00分 青葉区役所2階 HIV・梅毒 不要 1週間後
    12月2日(土曜日) 14時00分~18時00分 青葉区役所2階 HIV・梅毒 不要 当日(約1時間後)
    12月4日(月曜日) 9時00分~10時30分 泉区役所東庁舎2階 HIV・梅毒 不要 1週間後
    12月7日(木曜日) 9時00分~10時30分 宮城野区役所3階 HIV・梅毒 不要 1週間後
    12月7日(木曜日) 17時30分~19時00分 青葉区役所2階

    HIV・梅毒
    ・クラミジア

    要予約 1週間後

    ※検査について、詳しくは「エイズの相談・検査」「梅毒検査」「クラミジア検査」の各ページをご覧ください。

    世界エイズデーとは?

    WHO(世界保健機関)は、1988年に世界的レベルでのエイズまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、12月1日を“WorldAIDSDay”(世界エイズデー)と定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱しました。

    1996年から、WHOに代わって、国連のエイズ対策の総合調整を行うことになったUNAIDS(国連合同エイズ計画)もこの活動を継承しています。

    日本でもその趣旨に賛同し、毎年12月1日を中心にエイズに関する正しい知識等についての啓発活動を推進し、エイズまん延防止及び患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図るためのイベントが全国で実施されています。

    レッドリボンとは?

    「レッドリボン(赤いリボン)」は、もともとヨーロッパに古くから伝承される風習のひとつで、病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。仲間に対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すために「赤いリボン」をシンボルにした運動が始まりました。

    この運動は、その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。「レッドリボン」は、あなたがエイズに関して偏見を持っていない、エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージです。
    この「レッドリボン」の意味を知り、レッドリボンを身につけることによって、エイズについてみんなで考えるきっかけにしましょう。

    過去のキャンペーン

    世界エイズデーせんだい2016キャンペーン(終了しました)

    世界エイズデーせんだい2015キャンぺーン(終了しました)

    お問い合わせ

    健康福祉局健康安全課

    仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

    電話番号:022-214-8029

    ファクス:022-211-1915