更新日:2017年9月5日

ここから本文です。

咽頭結膜熱

 咽頭結膜熱は、アデノウイルスと呼ばれるウイルスが原因の小児の急性ウイルス性感染症です。通常6月頃から徐々に増加し始め、7~8月に流行のピークとなります。
かつて、夏にプールを介して流行することがあったため、俗称として「プール熱」とも呼ばれていましが、現在は、塩素濃度管理の徹底等によりプールの水からの感染は稀であると考えられています。

主な症状

  • 発熱(38度~39度)
  • 咽頭炎(のどの痛み)
  • 眼症状(目の炎症 結膜炎)

予防

  • 流行時には、流水とせっけんによる手洗い(正しい手洗いの方法について)、うがいをしましょう。
  • 感染者との密接な接触は避けましょう(タオルなどは別に使いましょう)。
  • 衛生を保つため、プールからあがったときは、シャワーを浴び、うがいをしましょう。

咽頭結膜熱にかかったら

  • 咽頭結膜熱は高熱が比較的長く(5日前後)続くことがあります。
  • 特別な治療法はありませんが、ほとんど自然に治ります。
  • 吐き気、頭痛、せき、目の症状がひどいときは早めに医療機関に相談してください。

年齢別罹患状況

感染症発生動向調査事業において、実施している市内の小児科定点医療機関(27医療機関)から報告された患者数です。

咽頭結膜熱の年齢階級別患者報告数の割合 

咽頭結膜熱の年齢階級別患者報告数

 

~5ヶ月

~11ヶ月

1歳

2歳

3歳

4歳

5歳

6歳

7歳

8歳

9歳

10~

14歳

15~

19歳

20~

29歳

30歳~

合計

平成28年

2

34

128

54

53

45

17

16

7

7

4

2

1

2

0

372

平成29年(第1週~22週)

0

23

108

40

49

43

32

22

4

6

3

4

0

4

0

338

 

病気,予防法等について,主治医または最寄りの保健福祉センターにお問い合わせください。

青葉区保健福祉センター管理課 022-225-7211(代)
宮城野区保健福祉センター管理課 022-291-2111(代)
若林区保健福祉センター管理課 022-282-1111(代)
太白区保健福祉センター管理課 022-247-1111(代)
泉区保健福祉センター管理課 022-372-3111(代)

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

お問い合わせ

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915