更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

第4章 健康づくり推進の重点分野(重点分野1)

重点分野1 活力ある青・壮年と元気な高齢期を目指す生活習慣病予防

重点分野とした背景

イラスト:メインターゲット(男性の働き盛り世代)

生活習慣病は死亡割合の約6割を占め、有病者の増加や重症化は、QOLの低下や医療費の増加を招きます。「食事」「運動」「生活リズム」「適切な飲酒」などの一人ひとりの状態に合わせた生活習慣の定着により、発症予防が図られ、重症化予防にも効果が期待されます。健康的な生活習慣の定着には、子どもの時からの対応が重要であり、子どもや子育て世代へ働きかけることや、高齢期の運動機能や認知機能の低下予防との関連から、壮年期からの介護予防や高齢者の健康づくりなど世代に合わせた対応が大切です。また、課題の多い働き盛りの男性など、ターゲットを絞った取り組みが必要です。
糖尿病や脳卒中など生活習慣病の多くは、不健康な生活習慣の積み重ねによって引き起こされるものです。言いかえれば、普段の生活習慣を見直し、改善することによって予防することができるものです。また、がんは死亡原因の第1位となっており、予防啓発とともに、早期発見・早期治療のためのがん検診について受診者の増加を図ることが大切です。

目標

≪重点目標≫

  • 生活習慣病の人を減らす
  • 生活習慣病をコントロールする人を増やし、合併症になる人を減らす
  • がんによる死亡を減らす

<取り組み目標>

  • 健康的な生活習慣を実践する人を増やす
  • 健診(がん検診を含む)を受ける人を増やす

目標に向けての取り組み

イラスト:健診一人ひとりの取り組み

  • 健診を受けよう、検査結果を活かそう
  • 太りすぎに気をつけよう
  • 適度な飲酒量を心がけよう
  • 今よりもあと10分歩く時間を増やそう

市民を取り巻く団体等の取り組み

  • 職場:メタボリックシンドロームの概念を導入した健診、保健指導の実施
  • 地域:自主グループなどによる、運動の継続や栄養改善に向けた活動
  • 産業保健関係団体:職場の健康づくり支援
  • 運動施設:健康運動実践の支援
  • 医療関係団体:生活習慣病予防に関する情報提供
  • 医療機関:医療を通じた生活習慣病予防指導

市の取り組み

  • 健康的な生活習慣確立に向けた情報発信
    • 団体等と連携した情報の発信、ITを活用した情報の発信など多様な手法を活用し、健康づくりに関する分かりやすい正確な情報を発信します
    • 健康づくり活動をする人材等の情報集約と発信を行います
  • 健診を受けやすい体制づくり
    • 多様な広報手段を活用し、市民健診の周知と受診啓発を図ります
    • 多くの市民が受診しやすい健診場所等、健診受診の環境を整えます
    • がんなど生活習慣病の正しい知識の理解と普及に努め、健診受診を推進します
  • 健康リスクを抱えた人が相談・指導を受けやすい体制づくり
    • メタボリックシンドローム等の人が生活習慣改善に取り組めるよう支援体制の整備を図ります
    • 糖尿病等の生活習慣病の発症予防の取り組みを強化します
    • 生活習慣病を発症した人の生活習慣改善を支援し、重症化・合併症予防の取り組みを図ります
    • 健康増進センターにおいて、生活習慣病予防や介護予防、障害者の健康づくり等、健康リスクを抱える市民への専門的支援機能を充実させるとともに、効果的な取り組みと対象者把握のために関係機関・団体等のネットワーク構築を図ります
  • 身近に運動ができる環境と仕組みづくり
    • 市民センター等身近な地域施設で健康づくり運動教室の開催を図ります
    • 職域と連携し、働き盛りの壮年層が運動を習慣化できるよう働きかけを行います
    • 介護予防運動サポーターの養成を行い、地域で自主的に活動する介護予防グループの拡大を図ります
    • 障害者の健康づくりを支援し、障害者が地域の身近な運動施設を利用し運動に取り組めるよう仕組みづくりを行います
  • 子どもの頃から健康的な生活習慣に関して学ぶ機会の整備
    健康的な生活習慣を早期に身に付けることができるよう、学校や地域での健康教育の充実強化を図ります

健康づくり指標(目標値等一覧)

指標:重点分野1

健康

  • メタボリックシンドローム該当者・予備群の減少
  • 壮年期のがんによる死亡の減少
  • 壮年期の健診による血糖検査要医療判定者の減少
  • 糖尿病にかかり治療を受ける必要となる人の減少
  • 虚血性心疾患による死亡の減少
  • 脳血管疾患による死亡の減少
  • 適正体重の範囲にある人の増加

行動

  • 定期的に健康診断を受けている人の増加
  • 定期的にがん検診を受けている人の増加
  • 健康診断の結果を踏まえて必要な指導等を受けた人の増加
  • 特定健康診査を受ける人の増加
  • 特定保健指導の対象となった人のうち受けた人の増加
  • メタボリックシンドロームを正しく理解している人の増加
  • 糖尿病が引き起こす合併症について正しい知識を有する人の増加
  • 日常生活における歩数の増加
  • 運動習慣者の増加
  • 意識的に運動を心がけている人の増加
  • 多量に飲酒する人の減少
  • 適正飲酒量を正しく認識している人の増加
  • 何らかの地域活動を実践している高齢者の増加

環境

  • 健康づくり自主グループの増加

第4章 健康づくり推進の重点分野(重点分野2 気づく、つながる、支える心の健康づくり)

目次へ戻る

お問い合わせ

健康福祉局健康政策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8198

ファクス:022-214-4446