現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 健康・医療 > せんだい・歯と口の健康づくりネット > 仙台市・歯と口の健康づくり計画 > 第3章 歯と口の健康づくりの推進-ライフステージ別の具体的な取り組み-乳児期

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

第3章 歯と口の健康づくりの推進-ライフステージ別の具体的な取り組み-乳児期

乳児期

歯科的特長

  • 乳歯が生え始めます。
  • 永久歯の形成開始期です。
  • 食べる機能(摂食、咀嚼、嚥下)が発達し,獲得する時期です。

現状と課題

市の取り組み

  • 4か月児育児教室
  • 離乳食教室・育児グループ支援
  • 地域における歯科健康教育,歯科相談
  • 保育所幼稚園歯科健診集約事業

現状と課題

  • 乳児期の歯科健康教育や歯科相談等の場へ参加する親子は,4割程度です。
    離乳食教室実施状況 66回開催:1,519名参加
    育児グループ,地域歯科相談等の参加状況:2132名参加
  • 低年齢の幼児のむし歯の発症は,離乳に関わる生活習慣が深く関っています。乳児の発達段階を踏まえた歯と口の健康づくりに関する普及啓発の強化を図る必要があります。

歯と口の健康づくり指標

  • むし歯のない幼児(3歳児)の増加:現状73.1%→目標85%
  • 間食として甘味食品・飲料を頻回飲食する習慣のある幼児の減少(1歳):現状3.0%→目標 減少

取り組みの方向性

生涯にわたる歯と口の健康の基盤づくりを推進します。

適切な歯科保健情報を地域の歯科医師,歯科衛生士はもとより,小児科医・保健師・助産師・臨床心理士・保育士等と共有し,連携して提供します。

具体的な取り組み

4か月児育児教室や離乳食教室の場等を利用した健康教育の充実に努めます。

  • 健全な咀嚼の習得支援
  • 健康的な食習慣の基盤づくり(卒乳時期,間食指導等)の支援
  • 乳歯のむし歯予防と生活、食習慣の関係についての知識の普及
  • 歯口清掃の動機づけ(歯みがきの方法,むし歯の好発部位)

食育推進事業と連携した健康教育等に取り組みます。

第3章 歯と口の健康づくりの推進(幼児期(1~3歳児))

目次へ戻る

お問い合わせ

健康福祉局健康政策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8198

ファクス:022-214-4446