現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 気づく、つながる、支える心の健康づくり

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

気づく、つながる、支える心の健康づくり

睡眠を十分に取れていない人やストレスを感じている人が増えています。心の健康を保つためには、ストレスと上手に付き合うことや対処法を知ることが大切です。

頑張りすぎていませんか?

ストレスは誰にでもあります。自分自身のストレスに気づき、コントロールしましょう。
こころの健康チェック表については、下記PDFファイル「誰かに話してみませんか?」をご覧ください。

ストレスと上手に付き合うために

  1. 生活リズムを整える
    • (1)1日3食 規則正しく食べる
    • (2)睡眠時間を確保する
    • (3)ウォーキングやストレッチなど適度な運動を心がける
  2. 自分なりのストレス解消法を持つ
    • (1)楽しいことをする
    • (2)自然とふれ合う
    • (3)仲間と交流する
  3. ストレス解消をお酒やたばこに頼らない
    • (1)お酒の適量は1日あたり 日本酒なら1合/ビールなら500ml まで(いずれか片方)
    • (2)趣味や運動など、健康的にストレス解消を

それぞれがお互いのサポーターに

ストレスは、自分より周囲のほうが気づきやすい場合もあります。
元気がない、仕事を休みがちなど、いつもと様子が違う時は、まず声をかけてみましょう。

一人で抱え込まず相談してみましょう

家族や友人、職場の人、専門家など、あなたを支える人がいます。
あなたを支える相談機関については、下記PDFファイル「誰かに話してみませんか?」をご覧ください。

自死遺族を支援します

 こころの健康チェック表・相談機関はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局健康政策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8198

ファクス:022-214-4446