現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 8月 > 肺がん・結核健診受診券の誤送付について

更新日:2017年8月29日

ここから本文です。

肺がん・結核健診受診券の誤送付について

市民向けに実施している肺がん・結核健診において、太白区の受診申込者あてに8月24日に送付した受診券に、本人分を含め2名分の受診券が封入されていることが判明しました。100件の誤送付があったと思われますが、受診券には氏名、生年月日などの個人情報が記載されていますので、受診申し込みをされた方は、届いた受診券のご確認をお願いします。

対象の方には深くお詫び申し上げるとともに、再発防止に向けた対策に取り組んでまいります。

1.概要

本市が健診業務を委託している宮城県結核予防会(以下「予防会」という。)が、8月24日に受診券および健診日程表を受診申込者あてに送付した。8月25日に市民から太白区家庭健康課へ他人の受診券が入っているとの問い合わせがあり、家庭健康課で受診券を回収し確認したところ、受診券が2枚入っており本来同封している健診日程表が入っていなかったもの。

2.肺がん・結核健診受診券に記載している個人情報

住所、氏名、生年月日、性別

3.問い合わせ件数

66件、うち55件を回収済み(8月28日15時現在)

※太白区全体の発送件数は20,487件

4..原因

予防会で受診券封入作業を行った際、受診券と健診日程表を封入器のトレイにそれぞれセットするところ、健診日程表を入れるトレイに誤って受診券を入れ、そのまま封入作業を行った。

また、誤って封入した受診券については、不足分として再発行を行ったことから、送付対象者と受診券封筒の通数が一致した。さらに、発送の際には太白区職員が予防会にて検品を行ったが異常はなく、発送前に誤りを発見できなかったもの。

5.今後の対応

(1)誤って2枚の受診券が届いた方に対し、訪問してお詫びを行い、受診券を回収する。

(2)回収した受診券の対象者には、連絡の上、訪問してお詫びを行う。

6.再発防止策

(1)本市において予防会へ立入り調査を行い、作業手順、作業マニュアル、作業の管理および記録について再度調査し、作業者への周知徹底も含めて再発防止に向けて指導する。

  1. 受診券、日程表、封筒の封入物について、管理しやすい単位などに小分けにし、事前に数のチェックを行う。
  2. 受診券および日程表が1枚ずつ封入されているかチェックする。
  3. 送付対象者名簿と封筒の突合を行う。

(2)本市も、発送前の効果的なチェックの手法について再検討を行い、再発防止に努める。

 

太白区役所家庭健康課 247-1111(代)
健康福祉局健康政策課

022-214-8198

問い合わせ先

 

 

お問い合わせ

健康福祉局健康政策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8198

ファクス:022-214-4446